マヒロ

スター・ウォーズ 特別篇のマヒロのレビュー・感想・評価

スター・ウォーズ 特別篇(1997年製作の映画)
3.0
『フォースの覚醒』公開発表からのスターウォーズファンの方々の熱狂っぷりを見ていると、生半可な知識だけつけても失礼かな…とか思ってなかなか手を出せずにいたこのシリーズだったけど、やっぱりどうしても気になって鑑賞。
(スターウォーズ好きの友人から「映画好きを名乗っておきながらスターウォーズ観てないなんてモグリだ」と言われて悔しかったのもあるけど笑)

突然戦いの世界に放り込まれる主人公の田舎少年、かつて相当な実力者であったという主人公の父、めっちゃ強い謎の爺さん、囚われの姫、カッコイイアウトロー、相棒となるおとぼけコンビ、マスコット的存在……どこか王道で少年漫画的な登場人物たちが、敵いっこなさそうな巨悪に立ち向かっていく…というこれまた王道で燃えるストーリーで、根強い人気があるのも納得。ラストのデス・スター戦の特撮も、時代を感じさせないスピード感でかなり格好良かった。

ただ、時代もあるのかもしれないけど、ややもっさりする場面が多いのは否めなかった。特にオビワンvsベイダーの対決シーンはかなり白熱した戦いになるのかと思いきや、ものすごいスローペースでライトセイバーをコンコンぶつけ合うのみで、ちょっと拍子抜けした。アレック・ギネスもおじいちゃんだししょうがないんだろうけど。後、後年になって追加されたというCGも、当時の映像と全く噛み合ってなくてチグハグな印象で、出来れば何も手を加えられてない方のバージョンを観てみたかったなぁ。

(2015.233)