みつば

第三の男のみつばのレビュー・感想・評価

第三の男(1949年製作の映画)
4.0
第二次大戦後。売れないアメリカ人作家ホリーは、親友のハリーが仕事の紹介をしてくれると聞き、ウィーンへやってきた。
しかし到着早々ハリーが事故で死んだことを知らされる。話を聞いたホリーは事故を不審に思い、事故の証言をしなかった第三の男が存在したことを知ったホリーは、その男を探そうと調査を始めるが…

ウィーンが四分割されていた時代が舞台で、戦後の混乱の中、多少の悪に手を出さなければ生きていくのが困難だった様子が、よく分かる作品でした。
「そのホテルはオーストリア人は入れない。隣のモーツァルトカフェへ。」というセリフもあります。

盛り上がりや、緊張感などはあまりありませんが、深まる謎をじっくりと見せ、後半の印象的なシーンの多さは作品の濃厚さを強めていました。
ヱビスビールでおなじみの、チターで演奏されるハリー・ライムのテーマが、クラシック映画定番の大袈裟なオーケストラとは違う空気を作っているし、フリッツ・ラングのように影の使い方も効果的で、斜めのカットがスタイリッシュ。
観覧車内の撮り方なんて、すごいですね。平らな場所での撮影なのに、回転に合わせた傾斜が計算されていて違和感がない。

何を書いてもネタバレになってしまう…けど、観覧車での会話はかなり印象的ですね。
「ボルジア家支配下のイタリアは30年戦争が続き、たくさんの血が流れたが、ダ・ヴィンチやルネサンスを生み出した。友愛国のスイスは民主主義と平和が続いている。でもそれで何を生み出した? 鳩時計さ。」
下水道での目だけで会話するシーンも印象的で、何とも言えない気分になります。
何より素晴らしいのはラストの長いカット。フィルムノワールらしいけど、作り込み過ぎないところがいいセンスです。
アリダ・ヴァリが本当に綺麗。