三四郎

明日への盛装の三四郎のレビュー・感想・評価

明日への盛装(1959年製作の映画)
3.9
最後は、生い立ち、家柄がそれぞれ相応しい男女が結ばれ、おさまるところにおさまった。玉の輿を夢見ていたヒロイン高千穂ひづるも、幸せを噛み締めて終幕…と言えるだろう。
高望みをせず、自己を偽らず、他人を騙さず、分相応に生きなさい と説いた映画だと思う。なかなかどうしていい作品だった。

没落令嬢がキャバレーで働くという筋は、戦後日本映画の定番だが、実際、どのくらいいたのかしらん。
驚いたのは板チョコが大きいこと笑 昔は今の倍以上の大きさだったのか!