マピンターズボーン

アイアンマン2のマピンターズボーンのレビュー・感想・評価

アイアンマン2(2010年製作の映画)
3.9
【皆さんイーロン・マスクって知ってますか?】

映画好きならロバートダウニーJrは知っていてもイーロン・マスク?知らねーよwロビンマスクかよwwっていう人も多いはず(そうか?)

この人物トニー・スタークとかなり酷似しているのだ。
事実ロバートダウニーJrはスタークに最も近いこの人物に「ぜひとも彼に会っておいたほうがいい」と言っているし
ジョン・ファヴロー監督も「時代の寵児であるルネサンス的な人物だ」と絶賛しこのアイアンマン2の舞台も彼の会社が使用されているし彼自身もカメオ出演している。

イーロン・マスクを知らない人のため簡単に彼の経歴を話すと

Appleのスティーブ・ジョブズやFacebookのザッカーバーグにも匹敵する超天才の起業家。

12歳でプログラミングを始めBlasterというゲームを作成し約5万円で売却。

スタンフォード大学大学院に入学しし物理を学ぶがインターネットに興味が移り2日で退学。

その後オンラインニュースなどを配信するZip2を開始して約300億円で売却。

PayPalの前進であるX.comを立ち上げオンライン支払いサービスを開始。その後PayPalはeBayに約1500億円で買収される。

その時のイーロン・マスクの取り分は約165億円。

Tesla Motors社(電気自動車)とSpaceX社(ロケット開発)を同時期に立ち上げる。

一時倒産寸前まで追い込まれる。

SpaceXは宇宙ステーション建設の為の資材提供に関するビジネスでNASAから1600億円の発注を得た。

3度の結婚を繰り返し5人の子供を設け週100時間働き続ける。

資産は2005年で328億円とされていたが2014年時点で1兆1000億円とされている。

今回アイアンマン2はこのようなビジネス界とは切っても切れない関係になっていて64社とタイアップを組んでいる。

ドラえもんスタンド・バイ・ミーとTOYOTAやPanasonicのタイアップなんて比較にならないほど企業の思惑がガチガチに絡んでいるのだ。

ジョン・ファヴローからするとそんな富豪のカメオ出演や64社の企業へのタイアップ広告(もちろんわざとらしく入れるとユーザーから総スカンを食らう)次作マイティ・ソーの伏線。アベンジャーズの絡み。限られた予算。ユーザーの期待で雁字搦めになっていたんだと思う。

これがシェフ 三ツ星フードトラック始めましたに繋がると思うとなんとも切ない話だ。(詳しくはシェフのまぴレビューにて)

ここまで頑張っても世間の評価は冷めたものでストーリーすっかすかで肝心のアクションもモナコレースがピークと言われる始末。

いや僕は結構好きですよ今作。そんな背景を知らなくても十分アクションに満足できたし前作の伏線を色々再現してくれたりジョン・ファヴローよく頑張ったって言いたいです。

416本目