ミズナラ

アイアンマン2のミズナラのレビュー・感想・評価

アイアンマン2(2010年製作の映画)
4.0
MCUをちゃんと観てみようシリーズ③

自分、ちょっとマーベルについて調べたんですよ。
全く知識がないですから。ええ。

で、わかったことがあるんです。
自分的には、かなりビックリなんですけど。

知ってました?
スーパーマンとかバットマンって、マーベルじゃないんですって!

どうりで、アベンジャーズにいないと思った!

それからX-MENはマーベルなんですど、大人の事情でアレだったらしいです。
でも、またまた大人の事情でアレするかもしれないんですって!

ええ、わたくし、かなり事情通になりました!

アイアンマンが、今回は仲間と力を合わせて、自分達の事は棚にあげて、父の復讐を果たしににやって来た猫パンチ(ミッキー・ローク)をやっつけるお話。
猫パンチ、知ってる人いるかなぁ?

1からの仲間にスカーレット・ヨハンソンが加わり、胸アツです。

しかし、スカーレット・ヨハンソンのワガママむっちりぼでーは芸術の域でございます。

この映画のスカヨハだけで、感想文が原稿用紙にして100枚は書けそうな勢いでございます。

一部を抜粋しますと、ペッパーちゃんとならんだ時の比率が凄すぎる二の腕のむっちり。

以前観たゴースト・イン・ザ・シェルの時は白の戦闘服で、むっちりを超えて、とんでもない事になっていたんですが、(アイアンマン2の方が古い作品) 今回は黒の戦闘服でむっちりが相殺されてました。
スタイリッシュなんだけど、おじさんはチョットだけ、さみしいぞ。

後は、中佐の人が替わっていて、違和感あったなー。
1観てから、昨日の今日だったから、果てしなく違和感だった。

で、やっぱりアイアンマンははずさないだろーという安心感があって、やっぱり期待に答えてくれて面白かったです。