アイアンマン2の作品情報・感想・評価

アイアンマン22010年製作の映画)

IRON MAN 2

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.7

「アイアンマン2」に投稿された感想・評価

motio

motioの感想・評価

3.9
アイアンマンの一作目は去年テレビ放映されていた時に観て、嘘みたいな強さと機能に、思わずカッコいいと唸ってしまった。
この作品ではストーリー性だけでなく人間性にもフォーカスされていて、アイアンマンであることを公表したトニーは人気者になり、軽薄な振る舞いがけっこう目立つ。でもその裏にある事態の深刻さや、真面目になったときの決まり具合とのギャップが感じられて楽しめた。
スーツの着用シーンはメカメカしていてワクワクする。
ラストの戦闘シーンは意外とあっさりしていたけれど、総じて面白かったです。
Raida

Raidaの感想・評価

-
ハッピーが可愛すぎる あとロマノフまじかわえ、
見れば見るほどかっこよくて、
見るたびに好き〜ってなります。

スカーレットヨハンソンも大好きだから
ついに出てきた…と興奮しました。

このアベンジャーズの人たちたくさん稽古したんだろうなあ〜とかしみじみ思い、一人で感動してしまいました。
アイアンマン2作目。見れば見るほどカッコいい造形してるよねw

前作以降、各地で紛争を止めてきたトニーだったが、その大き過ぎる力により政府に目をつけられ、スーツを奪われそうになる。
エキスポの開催など華やかなシーンの裏で、リアクターの動力源であるパラジウムの副作用に身体が蝕まれていたトニー。
そんな彼の前に、亡き父と因縁浅からぬ男「イワン」が現れるーー。

マーベル作品に留まらず、アメリカのヒーローたちにとって「力の所在」というテーマは避けては通れない問題なんだね。
作中では明確な答えは出なかったけれど、それは後々「アベンジャーズ」が出してくれる。
アイアンマンという作品自体が、MCUへの壮大な前日譚なのかもしれないね。

ローディがスーツを着るようになった経緯や、ナターシャの初登場など後の作品で活躍するキャラクターたちの見どころもてんこ盛りで楽しかったw

でもちょっぴり脚本は弱めかなぁ( ´∀`;)
Alejandro

Alejandroの感想・評価

4.6
渋親父ミッキーローク降臨
しょこ

しょこの感想・評価

3.4
「アイアンマンの正体は私だ。」
衝撃的な発言を残したラストからそのまま続くアイアンマン2。

初っ端のスタークexpoにて、派手に登場するシーン。周りを固めるのは巨乳でエロい金髪ブロンドアイアンウーマン軍団。あれ?キャプテンアメリカでも周りをブロンド美女軍団で固めていなかったか?と、まあ直前にキャプテンアメリカを見ていたからか、完全なる既視感。美女揃えとけばいいだろ的アメリカンな考え方がイイネ。

アイアンマンを兵器とみなし政府からスーツを奪われそうになったり、トニーのスーツと同じパワーを持つ敵、ウィップラッシュが現れたりと今回もスケールがどデカい。更に、アイアンマン2でようやくナターシャが初めて現れた時には大興奮。初期からエロすぎ。ウェットな赤髪パーマ姿がお色気ムンムンすぎて目が釘付け。
スタークexpoでのドローンとの乱闘シーンで、アイアンマンマスクを被った少年が幼き日のスパイダーマンだったという情報も目にし、MARVEL作品はどこまででも伏線貼り続ける狡い映画だなと改めて痛感。

個人的に少々話が中弛みしてきた感が否めなかったが、やはり数多くのヒーローがいる中でアイアンマンが1番お気に入り。変わり者だが、目の前の困っている人を助ける優しさを忘れないトニー。彼こそスーパーヒーロー。
u

uの感想・評価

5.0
スタークさんンンンんん。って感じ。♡♡
>|