Alina

チェブラーシカのAlinaのレビュー・感想・評価

チェブラーシカ(1969年製作の映画)
5.0
ソ連版、元祖チェブラーシカ!!
(本当の元祖は絵本ですが・・・)

凄く好きです。
子ども向けのアニメなのに、なんか、暗い・・・!
ストーリーは決して暗くはないのだけど、BGMに使われている曲が・・・なんだか切ないんです!


動物園でワニとして働いている鰐のゲーナおじさん。動物園内では裸なのに服を着る時ちゃんと隠れて着替えるんです・・・!(可愛い!!)

いたずら好きのおばあさん、シャパクリャク。
前に監督のインタビュー動画を観たのですが、「なぜあんな意地悪いキャラにしたんですか?」という質問に監督は「ロシア人のおばあさんは皆ああなのさ(笑)」と答えたことに衝撃をうけましたが、私も実際ロシアに住んでみて納得。笑

そして主人公のチェブラーシカ!なぜか八百屋さんのオレンジの箱から出てきます。チェブラーシカの意味は、起きては転び、起きては転ぶ、転びやさんという意味があるのです。

このアニメはとにかく愛くるしい!可愛い!