チェブラーシカの作品情報・感想・評価

「チェブラーシカ」に投稿された感想・評価

ゆきみ

ゆきみの感想・評価

3.5
ひとり東側諸国映画祭を開催中。

市販のチェブラーシュカキーホルダーよりもオリジナルは顔が薄汚れてる感じ。全体的に色味がくすんでる印象だけど、ロシアアニメの色の温かみや深みがあっていい

チェブラーシカの守ってあげたいと思わせる才能がすごい

子供アニメだと思ってたら、チェブは電話ボックスでコマだけを慰みに暮らす寂しい子だし、意外に設定がハード。定時になると動物園から退社するワニのゲールが皮肉効いてていい!
かな

かなの感想・評価

4.3
久々に観ました。音楽とか映像の感じとか古めかしくて愛おしい。日本語のチェブラーシカの声が本当可愛い。

動物園から入園拒否されて、電話ボックスに住むなんて本当かわいそうなチェブラーシカ。

サントラ欲しいな。
th

thの感想・評価

3.0
知人のおすすめで鑑賞。
まあ、可愛いね。ストーリーは頭に入らなかったけど。
HERO

HEROの感想・評価

2.5
子供達用に視聴。

電話ボックスのなかでコマを回す
チェブがかわいすぎるし好きすぎる。
ヴレア

ヴレアの感想・評価

3.9
可愛らしい外見とは裏腹にキャラクターが皆孤独を抱えていて凄く切ない。動物園を作るという一つの目標を皆で成し遂げた時、友達になりたい人は紙に記入しようってなるが、「そんなものは必要ない。すでに我々は友達だ」ってなる所が感動的で好き。そして、チェブラーシカのあのスピーチ!可愛さにやられました。
奇跡のかわいさ。惨め可愛い。
Poverina

Poverinaの感想・評価

5.0
永遠のアイドル、チェブラーシカ。
ワニのゲーナが奏でるバンドネオンの音色が湛えた哀愁。それに合わせて踊るチェブラーシカの破壊的な可愛らしさは何たることだ。でもこれは可愛いだけのそんじょそこらのアニメとは一線を画するもの。優しい人も意地悪な人もひとりぼっちは寂しい。そう、意地悪な人は寂しさからそうしてしまうものだ。誰かの寂しさや悲しみに寄せる労わり。それは自分自身がその寂しさや悲しみをよく知っているから。不器用で思うようには中々出来ないけれど、打算なく人に尽くす二人の姿がとてもいい。そして友はいつでも寄り添い合っている。
以前に「ミトン」やその他の短編で知ったロマン・カチャーノフ。彼の伝説的人形アニメをようやく観られた。この手の映画のキャラクターを可愛いと思うことはあまりないのだけれど、「ミトン」のミトン犬と言い、このチェブラーシカといい、カチャーノフの描くそれにはなんでこんなに心動くのだろう。特にチェブラーシカの登場シーンの超絶的な可愛らしさったら!
>|