息もできないの作品情報・感想・評価

「息もできない」に投稿された感想・評価

息もできない。
ホラーじゃないのに。

「犯罪都市」2回目見てきたところなので、少女がチンピラに生意気言うところでめっちゃハラハラしました。
きみさー!相手がチャン・チェンだったとしたら、今もう、きみの両腕なくなったよ!!腹立つからって、知らんやつにまともに立ち向かうのはやめたほうがいいよ!!
世の中には本当のキチガイもおるからな!!

しかしもう、誰に何をされようが、怖くもないのか。と気づきました
今もう既にあんな目にあってるから。あんな言動しちゃえるのね
幸せな人のできる言動じゃなかったから、チンピラにもそれが届いた。
二人でいる時だけ、泣けた。理解しあえた。
つらいつらいふたりの道のりが交差するのを見ながら、私も息ができない苦しさを味わいました。

でも、私にはそもそも理解できないんですよ。暴力をふるわずにはいられないひとの気持ちが。
だからチンピラの気持ちにもなれないし、お父さんの気持ちにもなれないし、とにかく暴力的な男性陣全員の気持ちがわからない。
そして、いつも暴力をふるってくるお父さんが借金取りにボコボコにされているのを見て、かばいに出てくるお母さんの気持ちもわからない。
とにかく誰の気持ちもわからないんですよ

ただ唯一わかるのは、とりあえず男性陣が暴れだしたときに、女子供はどうすることもできないということ。
なのでひたすら意味もわからず、暴れる人たちを延々と眺めながら、どのくらい筋トレすれば私はこういう力に対抗できるようになるんだろうか?とか考えていました。

彼らもなりたくてなっているワケじゃないと思うので、私も望まず加害者になる可能性はあるんだとは思います。でも、とりあえず今のところその予定はないので、まずは被害者になったときを想定して筋トレをしておきたいですね。それが一番の感想です。

まぁ、トラウマやストレスのせいで、理性を押しのけてまで感情が顔を出すときっていうのは相当ヤバイのはわかるんですけど
ほぼ全員がそういうブチギレ寸前の状況なので、理性のある視聴者からしたら、感情移入するには酸素不足な人しか居ないんですわ
幸せになりたいとかの、そういう当たり前の感情すら見えなかったら、なかなかもう、見てるだけでツラい他人ですわ…

ネタバレになってしまうか、ミスリードになってしまうかはわかりませんが、「ラ・ラ・ランド」のような後味でした。
私は、彼らに幸せになってほしいし、彼らにも幸せになりたいと思って欲しいです。
す

すの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

キャッチコピーが素敵すぎて観た。
報われないお話大好き人間なので普段からそんなんばっかり観てるんだけどこれはその中でもトップクラスに苦しかった。
恋とか愛とかそういう言語化できるものではなくて、このお話の2人の間にあった一番大きな要素は 共感 だと思ったり。
だからこそ、2人が石段に座り込んで泣くシーンは、ああこの2人はきっと一緒に泣くために時間を過ごしてきたんだな、って納得できた。
ラストシーンは本当に救いようがなくて、それでいてまさかのどんでん返しで衝撃的にも程があった。
ヨニはどんな気持ちでサンフンの傍にいたの、、、?全部知ってたの、、、?って本当に息もできないくらいの衝撃。
あと「人を殴る奴は殴られると思ってない」っていう言葉も綺麗に伏線回収されてたの良かったね。

劇中ずっと罵倒と暴力に溢れてるし、決して幸せな気持ちになれる映画ではないけれどすごく好きな映画でした。
がた

がたの感想・評価

3.5
まさに、息もできない。こんなにも泣くとは思わなかった。役者さんがすごい。
観た直後は正直わからない点が多く、時間をおいて皆さんの見方や監督のインタビューなどを拝読し、再見してから書いています。
暴力、罵倒、家族、罪、触れ合い、希望、連鎖、など織り込まれている要素とその表現の自然さと力強さに驚く。
まるでドキュメンタリーのような、生々しく対象に近づくカメラ、俳優たちも驚くほど自然な演技で、だからこそ初見では違和感にちかい理解できなさが感じられたのかも。
また、時間軸が捻れるような過去の描写の挿入に、初めは面食らってしまった。何度か観て、解釈を整理して、やっと落ち着いて考えることができた。
まだ残っている公式サイトの監督の言が恐ろしく深い。国の歴史と親の世代が負わされた役割や運命、それによって作られた性格や生き方に言及しているのだ。確かこの作品を作った時は30そこそこのはず。資金もない中で、これだけの洞察力と創造力があれば、こんな名作が作れるのだ。ため息が漏れた。
サンフンの最期にみせた希望、これこそが生きていく力になる。汚されても、邪魔されても、彼がたしかにそう願ったことの尊さを噛み締めたい。一生記憶に残る作品。
Yuka

Yukaの感想・評価

5.0
映画でこんな泣いたのいつぶり......

最後の焼肉屋のシーンで
自分がこんな幸せに生きてるの実感させられて
その後地獄に落とされたみたいな、
本当に息ができないくらい心が痛みました。

いくら悪い人でも好きな人は好きですね、
いくら悪い人でも家族は好きですね、

なんで家族の悪い部分を持った人が好きになるんでしょうね、


絶対、高校生はあの人が母親の屋台で取り立てしてたの知ってたじゃん!ってなって辛かった........
ああ荒野でヤンイクチュンが気になり、
演技がすごいうまい。 そしてラストがもう泣ける
a2c

a2cの感想・評価

3.7
記録
もんた

もんたの感想・評価

3.9
ヨニちゃんが、てかキム・コッピが好きすぎて辛い、モチモチしすぎ、助けて。
あのクソ野郎絶対許さねえからな!しばらま〜!!
mina

minaの感想・評価

5.0
再見。定期的に見てる。
MASAYA

MASAYAの感想・評価

3.9
救いようがない。

だが傑作。
ヤクザの男がなぜそういう生き方しかできないのかを生い立ちからのトラウマを遡及的に描くことによってうまく伝えている。

けれども優しさを情深いところや、家族に暴力を振るう男が許せないところなど、憎めない面が多々ある。

若干『LEON』っぽい要素も?

重いけど間違いなく好き。
>|