松原慶太

乱暴と待機の松原慶太のレビュー・感想・評価

乱暴と待機(2010年製作の映画)
3.8
なんだこの映画。爆発的に面白い。

まったくもって、誰にでもすすめられる作品ではないし、その意味で傑作とは呼べないかもしれない。しかし、こんなに腹の底から笑ったのも、ひさしぶりだ。

本谷有希子原作では「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」より、こちらのほうが自分の好みだった。

美波、浅野忠信、小池栄子、山田孝之、皆んな気持ちわるい。皆んな上手い。

本谷有希子って、なんなんだろう。得体が知れない才能だけど、女同士の力関係(マウンティング?)をデフォルメしていくことで、物語を作るタイプのような気がする。