まりまり

愛と哀しみの果てのまりまりのレビュー・感想・評価

愛と哀しみの果て(1985年製作の映画)
-
遠い昔に見た時の記憶を辿ると、「感動の名作にして至高の恋愛映画!最後号泣‼︎」だったのですが?そのつもりで見直してもちっとも面白くない(>_<)

(おばちゃんになると、心も硬化してしまうのかな?それはそれで悲しいけど、人生が楽にもなるのでいいような?つまらないような?)
アフリカの大自然や複葉機のカッコよさに感動できても、物語には全く感情移入できないって、私大丈夫?

地位目当て女と金目当て男が結婚して、上手くいかなくてお互い別々のパートナー見つけました。夫編はデブなので割愛して、若きメリルの恋物語…って、みんなで好き勝手しているだけですよね?昔の私の感性が全く理解できません(T_T)。
無駄に余計な事まで思い出して、そのせいで楽しめなくて、最悪気分にさせられるとは!そんなこんなでスコアつけられないのです。

#私いつの間に石化してたんでしょう?どなたかいい治療薬ご存知ありませんか?( ; ; )