愛と哀しみの果ての作品情報・感想・評価

「愛と哀しみの果て」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「愛と哀しみの果て」
原題「Out of Africa」
1986/3/15公開 アメリカ作品 2018-036
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1986年第58回 アカデミー賞作品賞

20世紀初頭、ようやく女性が社会進出を始めるような時代、そんな女性の生きづらさも垣間見せながら、アフリカ・ケニアで単身で農場経営に邁進した女性、カレンの恋愛と仕事を見事に描ききってのアカデミー作品賞は納得です。
強さで、逞しさの中に寂しさを垣間見せるメリル・ストリープの演技は圧巻。
デニスを演じるこの時50歳のロバート・レッドフォードは男の色気満載です。
ラスト近くのデニスとの死別のシーンよりは、ずっと苦労を共にした黒人召使い達とのお別れに心動かされます。
そして何より、ケニアのサバンナよ広大な威厳のある美しさ、これを観るには最高の作品です。

デンマークの資産家の娘カレンはスウェーデンの貴族と結婚し、ケニアへ渡る。コーヒー農園を経営することになったカレンは様々な困難にみまわれる。彼女はいつしか英国の冒険家と愛し合うようになり……。監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説「アフリカの日々」をカート・リュードックが脚色。
tomo

tomoの感想・評価

3.0
昔の映画の素晴らしさに触れたくて観てみた。でも…現代に生きる自分には理解し難く。まだ幼稚なのか?と凹んだ。
自分は誰かのモノになりたい女の気持ちは分かります。が
紙切れ1枚で愛が増すのか?男の気持ち。分かるなぁ。
本物の愛は枠にハマらない
そんな感じなんやろな…多分。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
んー、長い。あまり大きな事件や展開がないだけに、2時間半は実に長く感じました。

メリル・ストリープ演じるヒロインは結局最後まで現地語をしゃべらなかったなぁ。「アフリカの地に生きる強い女性」を描いたのでしょうが、なんかあまり共感はしなかったですね。

あと、ずいぶんとロバート・レッドフォードが勝手な人間のように描かれてますけど、束縛を嫌い自由を求めてアフリカにやってきた男に結婚を迫っても、そりゃ無理な話ですね。逃げますよ、絶対。
明日発ちがち(デニス)
yumigon

yumigonの感想・評価

1.5
現代の映画ばかりを見てるからか、ケニアの風景や電車の長いシーンはいらないな、と感じてしまった。
黒人奴隷の扱い方も歴史的に真実なのかもしれないけれど気に触ってしまう。
それと主人公がかわいそすぎる、バッドエンドすぎる。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.3
私の中の潜在的女性蔑視の氷山の一角を改めて見透かされた作品になってしまった。今の時代に見てみたらそこまで違和感の無い女性の生き方だと思うけれど、この映画で見られるよりももっともっと女性蔑視が当たり前にあった時代、そして女性が生き辛い時代。それを踏まえて見るのならば、この映画はそんな女性の生き様を見せてくれた作品なので見る価値があるのかなと思う。だけど映画としての面白さと女性の活躍の素晴らしさは私の中では比例してない。同じ女性として、自分のこの考え方について悲しく虚しく不快に思う事が最近本当に増えた。素晴らしい作品なら手放しに喜び褒め称えたい。だけど、世の中に何本そんな作品があるのだろうか。
qwerty6

qwerty6の感想・評価

4.5
1996/8/16
>|