愛と哀しみの果ての作品情報・感想・評価

「愛と哀しみの果て」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「愛と哀しみの果て」
原題「Out of Africa」
1986/3/15公開 アメリカ作品 2018-036
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1986年第58回 アカデミー賞作品賞

20世紀初頭、ようやく女性が社会進出を始めるような時代、そんな女性の生きづらさも垣間見せながら、アフリカ・ケニアで単身で農場経営に邁進した女性、カレンの恋愛と仕事を見事に描ききってのアカデミー作品賞は納得です。
強さで、逞しさの中に寂しさを垣間見せるメリル・ストリープの演技は圧巻。
デニスを演じるこの時50歳のロバート・レッドフォードは男の色気満載です。
ラスト近くのデニスとの死別のシーンよりは、ずっと苦労を共にした黒人召使い達とのお別れに心動かされます。
そして何より、ケニアのサバンナよ広大な威厳のある美しさ、これを観るには最高の作品です。

デンマークの資産家の娘カレンはスウェーデンの貴族と結婚し、ケニアへ渡る。コーヒー農園を経営することになったカレンは様々な困難にみまわれる。彼女はいつしか英国の冒険家と愛し合うようになり……。監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説「アフリカの日々」をカート・リュードックが脚色。
yadakor

yadakorの感想・評価

1.0
風と共に去りぬみたいだった
男が見るもんじゃないね
Shoji

Shojiの感想・評価

3.3
一人の女性の生き様。
色んなことに振り回されながら、それでも懸命に生き続ける。
んー、これがリアルな人生かなぁという気持ちで観てたけど、何が言いたいのかは自分が若いのかピンと来なかった。
叙情的な台詞や、作品の雰囲気に引き込まれる感覚は楽しめた。
harumi

harumiの感想・評価

3.5
メリルストリープ、いつでもどこでも強いんだな…。3時間、集中力との戦い
言ってしまいますね、
彼女が愛したのは夫ではなく、アフリカの大地であり、ともに暮らす現地人でありました
ケニア・・・それこそが彼女の故郷だったのですね
ていねいな映画と評価しました
sorahi

sorahiの感想・評価

3.5
「君は歌を?」
「いいえ」
「物語は?」
「それは自信があるわ」
「信じよう」

メロドラマ的と批評する人もいます。でも全然違う。スケールが圧倒的に大きい。台詞の細やかさ、映像の壮大さ、音楽が包み込む感覚。

どこか遠い土地への憧れに心が掻き乱されます。

「君に壊されたよ」
「何を?」
「僕の孤独を」
>|