愛と哀しみの果ての作品情報・感想・評価

「愛と哀しみの果て」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.6
「愛と哀しみの果て」
原題「Out of Africa」
1986/3/15公開 アメリカ作品 2018-036
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1986年第58回 アカデミー賞作品賞

20世紀初頭、ようやく女性が社会進出を始めるような時代、そんな女性の生きづらさも垣間見せながら、アフリカ・ケニアで単身で農場経営に邁進した女性、カレンの恋愛と仕事を見事に描ききってのアカデミー作品賞は納得です。
強さで、逞しさの中に寂しさを垣間見せるメリル・ストリープの演技は圧巻。
デニスを演じるこの時50歳のロバート・レッドフォードは男の色気満載です。
ラスト近くのデニスとの死別のシーンよりは、ずっと苦労を共にした黒人召使い達とのお別れに心動かされます。
そして何より、ケニアのサバンナよ広大な威厳のある美しさ、これを観るには最高の作品です。

デンマークの資産家の娘カレンはスウェーデンの貴族と結婚し、ケニアへ渡る。コーヒー農園を経営することになったカレンは様々な困難にみまわれる。彼女はいつしか英国の冒険家と愛し合うようになり……。監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説「アフリカの日々」をカート・リュードックが脚色。
まり

まりの感想・評価

2.5
出会った男は自己中だったけど、女はアフリカで頑張った。映像も壮大だよ。という映画
100年くらい前に自分に素直に生きた女性
アフリカに移住して自由に農園経営して暮らすぞ、と東ケニアに向かいます。20世紀初頭ですから、一見すると先鋭的な女性に思えますが、爵位を欲しがったり、安定した結婚をしたがったり、文明最高とかいいつつ文字教えようとしたり、わりかし普通のヨーロッパ人的なところもあるんですね。ゆえに自由で縛られないアフリカっぽさを体現しているようなハンターであるロバート・レッドフォードと恋をしてもうまくいきません。植民地における現地人と支配者との埋められない距離感のように、この二人はその距離を埋めることができません。結婚とは何なんでしょうかね。いいもんですけどね。
壮大なアフリカの大地を列車が走る。そして何よりも、誰よりもジョン・バリーの荘厳で、華やかなシンフォニーが、まるで主人公の感情の高まりを感じさせるように流れはじめる。もうこれだけで、完全にこの映画の虜となってしまった。彼はこの作品でアカデミー音楽賞を勝ち取ったのだが、当然だと思う。彼の数々のヒット曲のなかでも秀逸である。

I had a farm in Africaで始まる主人公の回想は、原作Out Of Africaによるもので、主役のM.ストリープは、気丈夫さと女性の弱さを併せ持つ複雑な役を無難にこなし、私はこの映画の彼女が一番好きだ。かわいらしくそして魅力的な女主人公を演じた。

この映画で初めて知った、F.M.ブランダウワーはオーストリアの俳優だそうだが、いい味を出していて、彼の随所に見せる顔の表情が妙に記憶に残る。案の定、アカデミー助演男優賞の候補だったのだ。

R.レッドフォードは、大都会でも大自然のなかにいても光り輝く俳優で、彼の身勝手な、そして奔放な行動は、女主人公はもとより、観客の多くの女性をも迷わす’羨望の男’であることは間違いない。

こういう映画を見せつけられると、せせこましい日本から逃げ出したい欲望に駆られる。S. ポラックは手堅い演出を手がけたが、邦題名は女性客層を狙ったと思われ、陳腐である。
カレン

カレンの感想・評価

3.5
とにかくデニスがかっこいい!
メリルに嫉妬
ぺ

ぺの感想・評価

3.5
セリフが叙情的というかなんというか面白い言い回しが多く160分意外とサクッと見れた。

アフリカの美しい風景にロバートレッドフォードのイケメンがぴったり。こんなの好きになっちゃうに決まってる。
ニウ

ニウの感想・評価

3.0
20140901
nago19

nago19の感想・評価

3.5
ここでも少し歳をとったとはいえレッドフォードのイケメンぶりに女が惑わされる。寝顔のショットとかもうって感じ。猛獣に立ち向かったり戦場に自ら赴くような強い女性でも男性に頼りたいのか。束縛されたくない男が嫌になっていく会話をしちゃったけど、彼女自身も束縛されたくないんだよね。何より愛したのが農園とアフリカの人々。映像と音楽が綺麗でアフリカに行きたくなった。
>|