そして人生はつづくの作品情報・感想・評価

そして人生はつづく1992年製作の映画)

ZENDEGI EDAME DARAD

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

4.0

「そして人生はつづく」に投稿された感想・評価

監督が過去作の出演者の安否確認のため、ボロ車に乗ってイラン地震被災地のコケールへ向かうドキュメンタリーテイストな作品。
おくやみや同情のそぶりもなく、ずけずけと不躾に被災者たちに地震発生当時の状況をたずねる監督にたいして、反感を抱く直前で寸止めされた、絶妙なバランス感がよかった。
身につまされるあの光景。大地を大きく動かす地震はお腹を空かせた狼だという。

「友だちのうちはどこ?」のアハマッド少年の安否を知るべく車を走らせる。道すがら出逢う人々は皆前向き。ジグザグ道を行く人生のひとコマとして天の災いを抗えないものなのだと静かに受け入れる。

どのページをめくっても生命感がみなぎる美しい画集のようだった。満足満足。
oa

oaの感想・評価

-
『友達のうちはどこ?』を観てない上に被災者にズケズケ話を聞く主人公についていけなくてギブしてしまった
とりあえず前作を観てからもう一回観直す…美しいショットと引き換えにただただ辛い
H

Hの感想・評価

4.0
 現実と虚構の甘美な融解が、見る者に希望と罪悪感を抱かせる。繊細に録られた音、地震の爪痕、被災者への取材がリアルを物語る。映画的なショットとフィクションの設定によって、それらが叙情的なものへと変化を遂げる。たびたび挿入されるBGMや、わざわざ車を降りて赤ん坊をあやしに行く象徴的なシーンでさえ、リアルへと融け込み、情緒を強化する。虚構と現実のシナジーが、「そして人生はつづく」という希望を見る者に抱かせるのだ。この監督はそのシナジーを生み出すのに本当に長けている。
 最初に述べたように、この融解がもたらすのは希望だけではない。その叙情性は映画の力を証明している。映画的な形式が見る者の心を動かす力を、改めて考えずにはいられないのだ。そして、現実が映画的な性質によって抽出され、強調され、いじられることに対する罪の意識を感ぜずにはいられない。虚構との融解によって、リアルは変質してしまっているのかもしれないのだ。だが、フィクションであれドキュメンタリーであれその混合であれ、何かにカメラを向けるのならば主観性は避けられない。そもそも、人間の目さえ見たいものしか見ないのだ。ものを映すことの「原罪」に立ち帰らせてくれる映画である。
太郎

太郎の感想・評価

4.0
いつか映画館で観たいな
ba

baの感想・評価

5.0
画面に写ってない人と会話するところとみんなワールドカップが見たいのが良かった
1990年、大地震がイラン北部を襲った。前作「友だちのうちはどこ?」の舞台は震源地のすぐ近くで、出演した少年たちの安否を気遣い、監督が息子を連れて現地を訪れる様子をドキュメンタリータッチで再現したジグザグ道三部作の第2作。

あらすじを知らなかった自分は、フィクションという入口から鑑賞。車を走らせる父の後ろで、退屈そうな息子が眠り、トンネルで流れるタイトルバックにグッときた。

トンネルを抜けた瞬間、倒壊した建物、崩れ落ちた岩山、瓦礫の中で復旧作業をする村人、支援物資を運ぶトラックなど、震災の爪痕がスクリーンを埋め尽くし、フィクションはドキュメントに変わる。

監督が映画の撮影地を訪れるドキュメントに切り替わったと思いきや、「映画用の家なんだ」という虚構の暴露には驚いた。

渋滞中の本道から横道へ抜けた場面からラストまで、遠く離れた位置から車を映すロングショットが印象的。

別れ道、回り道、急な坂やデコボコ道、どんなに険しくても道はどこかに続いてる。そして、どんなに悲しくても人生は続いていく。

被災地にある生活の営みが胸を締め付ける。アスファルトの割れ目から顔を出す花のように、暗闇にともす灯火のように、強く優しく愛おしい命がそこにある。

水を汲む少女や、ストーブを運ぶ少年の瞳が心に残った。
110

110の感想・評価

4.2
ジグザグ道三部作の2作目やっと観れた!おじいさんとのメタな会話が効果てきめんだった。イランの風景が素朴で美しくて愛おしい。地震の影響を受けた人々の営み(フィクションとはいえ)や地形を映していて目が離せなかった。3作目もはやくみたい!
”この家は映画用の家…”

ジグザグ三部作の二作目。
前回からだいぶ間が空いてしまった…。

1990年に起きたイラン地震で壊滅的な被害を被ったコケル村。
前作『友だちのうちはどこ』の主役の男の子の安否を確認しに行く監督と息子を描く。

あらすじの段階では、ホントに監督と息子が自ら出演しているかと思っていたけど、流石に違った💦

物語の半分くらいは車の中からの映像。
中から見える地震の傷が深く残る風景が生々しい。
車が混んでいたり、通常の道が通れなくなっていたりで、道を尋ねながら進んでいく監督。

そして、前作に出演していたおじいちゃんらも登場。
正直、顔は覚えていないけど😓
家は無事なのかと思いきや、それは映画用の家。
本物の家は壊れてなくなってしまったそうで…

この手法がかなり印象に残った。
1回フェイントをかけられたような感じになったことによって、普通に家は壊れたと言われるよりインパクトがデカい。
そこで今一度、震災の悲惨さを思い知らされる…

そして、ラストも相変わらず、すごい👀

観る前はドキュメンタリー寄りなのかと思っていたけど、想像以上にしっかりと作り込まれた作品でそこにも驚かされた。
ジグザグ3部作(コケール・トリロジー )2作目。
1990年のイラン地震後、キアロスタミ監督は、前作『友だちのうちはどこ?』の出演者の安否確認のため現地を訪れている。
その事実をもとにドキュメンタリー形式で撮影されたセミ・フィクション。

震災で多くの家族や親戚を亡くした人々が、たくましく生きるしかない事実。
嘆いていても何も変わらないなら、サッカーくらい観た方がいい。
>|