青二歳

童貞放浪記の青二歳のレビュー・感想・評価

童貞放浪記(2009年製作の映画)
2.0
ハリウッドでは"優秀(それもかなり)だけど童貞"パターンの場合、結局リア充を獲得していくハッピーエンドがお約束。さて邦画だとどんな作品があるのやら?今作は東大院卒の大学講師30歳童貞が頑張るお話。なんとも..陰鬱で痛ましい物語。
キャバ対応さながらの柔らか〜い会話してくれる後輩、告白したらわざわざ大阪来てくれてしかも男のアパートに泊まってくれる後輩。そして告白はスルーだけど一線越えはOKっスよ!とセックスしてくれる後輩。
おらんがなこの世にそんな後輩。原作が私小説らしいので実在したのやら妄想やら。筆下ろしのくだりがまぁ痛ましい。そもそも随分生活に余裕のある新任講師と院生だなー。あセインカミュ懐かしい!この人もっと出たら良いのにー。