郵便配達の学校の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

郵便配達の学校1947年製作の映画)

L' ECOLE DES FACTEURS

製作国:

上映時間:15分

ジャンル:

3.8

「郵便配達の学校」に投稿された感想・評価

ooospem

ooospemの感想・評価

4.2
あぁ、タチだ〜、ってなる安心感、罪なき安定の喜劇。今までのタチ中もっとも好き。

Institut Français Tokyo
tokio

tokioの感想・評価

3.2
Rec.
❶19.03.17,アンスティチュ・フランセ東京/映画/批評月間 ~フランス映画の現在をめぐって~
sonozy

sonozyの感想・評価

4.5
1947年 ジャック・タチ 監督・脚本・出演
短編 15分
これが単独監督としてはデビュー作。

郵便配達人の養成所に通うタチと他2名。(少なっ。笑)
室内のサイクル・トレーナー(ローラー台)での特訓シーンから爆笑。

脚力つき過ぎて、このチャリでロードレーサーの男たちも軽々抜いちゃうし。
最後は飛行始めたパイロットへの郵便物もなんとか渡しちゃうし。笑

大自然の中で自転車飛ばしたくなる作品でした。
先に長編リメイク版『のんき大将脱線の巻』を観ていたのだが、やはり短編版の方が面白い。
自転車ギャグでは漫画『大正野郎』に次ぐ。
初めてのジャックタチ監督作!

郵便配達の学校で訓練を受けた青年フランソワ。航空便の出発時刻までに郵便を届けなければならない彼は、スピード配達を実行に移すが……。


いやぁ
もう動作のひとつひとつが愛くるしい。笑

ぽてんとした腹、すっとぼけた顔



自転車を降りてのキメポーズ、
郵便鞄をグルンとまわす動作はモノマネしたくなる!笑


以上、「郵便配達の学校」!
15分くらいの短編なんですが、
ものすごいステキな時間を過ごせました
(*´艸`*)


オススメです!


あとジャックタチ監督が娘にむけて書いた脚本をシルヴァンショメ監督が手掛けた「イリュージョニスト」。
主人公のモデルがジャックタチさんみたいなんですが、今思うとむちゃくちゃ似てるw
そちらも見返したくなりました!
久しぶりに自転車乗ろうとしたらペダルだけ盗まれてたんだけど、マジでキレようかな。
キビキビ動くタチさん。
15分に愛らしいがてんこもり。
音楽もよいよい。