Kaito

ギプスのKaitoのレビュー・感想・評価

ギプス(2000年製作の映画)
4.4
ようやく観れた。
敬愛する塩田明彦監督作品。

主人公の和子が出会った、片足ギブスで松葉杖の女環(たまき)。
たまたま環に手を貸したことから、環の一方的な要求を言いつけられるようになる。

女帝のような環の無茶な要求に翻弄されながらも、彼女の不思議な魅力に取りつかれた和子は環に依存するようになり、やがて膨らみすぎた独占欲が和子を飲み込んでいく。


素晴らしく塩田塩田してる。
歪な人間関係と愛、たまらん。
毎度賛否わかれるラストももう塩田味だよね。

和子を演じる尾野真千子。
あんま得意な女優じゃなかったけど、この時まだ10代らしく、あどけなさがあって可愛い。
生真面目で自己主張のないタイプの和子が、だんだん感情的な女に変わっていく様が程よく狂気を帯びてて良かった。

そして環を演じる佐伯日菜子。
牧瀬里穂とつぐみ嬢をブレンドしたような、いい女。
包帯とか眼帯を身に付ける女性は性的フェティシズムをくすぐると言いますが、まさに。
世の男共、さらには和子さえも虜にする魔性の女。

月光の囁きのつぐみ嬢に並ぶ女王様はやはり塩田作品の中におりました。


邦画コーナーに石を投げれば津田寛治に当たる、津田寛治は安定の津田寛治でございました。