kanegone

ボーン・アルティメイタムのkanegoneのレビュー・感想・評価

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)
3.8
傑作。

吹き替えも見事で、全く違和感がない。
この映画は画面もセリフもせわしないところがあるので、字幕なしで観れるのはとてもありがたい。

このシリーズはボーンの「冴え、超人ぶり」を楽しむものだと思うけど、3部作の完結編とあって本作は「謎解き、伏線回収、黒幕の打倒」が重点。

「単独行動なのにいかなるピンチにも動じない超人」という面白さもありながら、描き方が丁寧で感動する。CGだか実写だか分からんくてモヤモヤする場面も少ないし、地に足がついている。

大ヒットした後なのに、雑踏や民衆の中で動きまわるというシリーズの特徴が継承されていて、作品のリアリティ、緊迫感が高い。後半のカーアクションも、必然性や臨場感に溢れていて、強く引き込まれた。

しかし、マットデイモンはボーンが似合う。実在してる人物かのようにリアリティがある。これを完結まで撮りきった彼と撮影チームに拍手を贈りたい。


今日はひさしぶりに映画二本をゆっくり観て、けっこう楽しかったな・・。

最近はスキマ時間で皆さんのレビューをよく読んでいて、タイムラインに膨大な数のレビューが投稿されるのを読むだけで満足してしまって。二時間も映画観る時間はないなーとか思ってたんですが・・

時間があったら、自分で観るのもやっぱり面白いですね(笑)ではまた。