まつき

ファイト・クラブのまつきのレビュー・感想・評価

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)
4.1
ネタバレしないと、書きたい感想が書けない映画。無気力な主人公のエドワードノートンが、破天荒なブラッドピットと出会い、成長していく映画…ってことにしよう。笑

公開当時、暴力描写に対して、方々から批判の嵐を食らったというこの作品。でも、ただの暴力映画じゃないってこと、ちゃーんと伝わりましたよ。痛みを与える時より、痛みを受けている時の方が、とても生き生きしている!

痛みを伴いながらでも行動を起こし、生きている実感を取り戻して、やりたいことをやれという応援メッセージも、終始感じ取れた。

確かに、ブラッドピットは過激すぎるけれど、最終的には「やりすぎだよ。抑えようよ。」というメッセージが込められているし、その間で成長をしているように感じた。

演出や、美術、衣装など、本当にオシャレ。特に特に、フィルムの話が本当に良い!おっ、おおおおおおっ!!!となってしまった。

「出会ったタイミングが悪かったんだ。」なるほどなー!