おーたむ

ファイト・クラブのおーたむのレビュー・感想・評価

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)
4.4
当たりの作品が多い監督みたいなイメージがあるわりに、「ドラゴンタトゥーの女」しか見たことがなかったデヴィッド・フィンチャー監督の傑作を鑑賞。
ものの見事に騙されました。

考えてみれば確かに…なんですが、強烈な暴力描写に目が奪われて、どんでん返しのことは完全に忘れてました。
意識の外からぶん殴られた気分。
サブリミナルなんかも、後から見てみると、あからさまな手がかりですよね。
こういう遊び心を、鍵として織り込みながらスタイリッシュに演出してしまうセンスには、唖然としてしまいました。
既存の枠に囚われないからこそ魅力的だった男が、だんだんと行動をエスカレートさせていき、畏怖の対象へと変化していく…という、そもそものストーリーも興味をかきたてられるし、お話の部分に力があったからこそ、どんでん返しも鮮やかに決まったんだなと思います。
純度の高い思想が狂信的なフォロワーを増やしていき、最終的にテロリスト集団へ生まれ変わる様子を見ていると、背筋が寒くなったりもしますが…。

正直、殴りあいで生きてる実感を確かめるような感覚には、付き合ってられないなあというところもありますが、いろいろな意味で、衝撃的な作品であることは間違いないと思います。
後の史実によって新たに価値を付与されたという稀有な作品でもありますし、ある意味、忘れがたい作品です。