ファイト・クラブの作品情報・感想・評価

ファイト・クラブ1999年製作の映画)

FIGHT CLUB

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

「ファイト・クラブ」に投稿された感想・評価

途中からの違和感はありつつも、素直に騙され衝撃でした。
他の方の感想を見てから2度目を観て、気付いていない小ネタや演出が山ほどあり。。また違う意味で楽しめた。笑
あおい

あおいの感想・評価

3.3
胸張って“生きてる”って言えるか?

デヴィッド・フィンチャー監督、エドワード・ノートン主演のバイオレンス映画。トップメニューの「25年目のキス」はまじびっくりする( ^ω^ )

◎ストーリー
車のディーラーとして働く僕は不眠症に悩まされていた。それを克服するためにあらゆるセミナーに顔を出し、少なからず人脈を広げていく。そんなある日、火災で家を失ってしまう。失意に沈む彼の頼みの綱は、たまたま出会った胡散臭い石鹸商のタイラーだった…

ほほう、これが「ファイトクラブ」ですか!中々ファンキーでキマッてる映画ですね( ^ω^ )ブラピやヘレナ・ボナム・カーターはまだしも、エドワード・ノートンがここまでラリってるとは!?

何の前情報なしてで観たので、おかしいとは思いつつも完全に最後まで騙されながら観ることができました!冷静に考えてしまえば、単純やけど中々気付かんでしょう( ^ω^ )

ただのイカれた映画やけど、要所での哀愁漂う僕の雰囲気、謎を謎やと最後まで感じさせない見せ方がとてもうまいと思いました。最後は意外にも綺麗に締まってたのも良かった( ^ω^ )

トップメニューのドリューバリモアやIKEA、サブリミナルなど小ネタも充実してます!

ミスチルの「Fight Club」聴いて観たくなったけど、桜井さんはファンなのかな( ^ω^ )
kkm

kkmの感想・評価

3.4
「不眠症の主人公は、重症患者の集会に参加し他人の不幸に触れることで安眠を得ていた。しかし自分と同じ、健康にも関わらず集会に参加する女・マーラの出現で再び不眠に突き落とされる。そんなある日、石鹸販売を生業とする男、タイラーと出会うのだが……。」

全編仕掛けとユーモアに満ちた映画。男臭さを正面から描ききった、見る人を激しく選ぶ作品。社会に抑圧されているように感じてる人は共感できるかも。
ラスト付近の仕掛けを知った上でもう一度観てみると、新たな発見があって面白い。
主人公を破滅へ導く男・タイラー役ブラッド・ピットの筋肉は必見。横からみた腹斜筋の盛り上がりがえろい。
マチ針

マチ針の感想・評価

3.2
自身が生を実感する時はいつか、そんな事を考えながら見た。
人間の欲求を静かに、そしてリアルに描いていた。
ブラッド・ピットがカッコいい

このレビューはネタバレを含みます

DVDを借りてきて友人と2人で観たのだが、エンドロールが流れ始めてから数分間お互いに何も言えなくなってしまった。
音と映像の使い方、よく練られた脚本、ちょっとしたセリフまわし...
どれをとってもセンスが良すぎる。

作中の最後の一言に、この作者の言いたいことが全て詰まっていると感じた。
ハルカ

ハルカの感想・評価

4.0
あと2回みればたぶんわかってくる。
1回みただけじゃわからない。けど、1回目でも見終わったあとに心がグシャグシャと動かされた感じと妙なリアル感で不安な気持ちになる。
ピクシーズの楽曲はこの映画にまさにドンピシャ。
chi0722

chi0722の感想・評価

4.4
フィンチャー最高◎
なんども観てます◎

このレビューはネタバレを含みます

二重人格やめろや
>|