ファイト・クラブの作品情報・感想・評価

ファイト・クラブ1999年製作の映画)

FIGHT CLUB

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

「ファイト・クラブ」に投稿された感想・評価

スズキ

スズキの感想・評価

5.0
2回目。
Ricald

Ricaldの感想・評価

5.0
前からずっと見たかったこの作品をようやくお目にかかれた。ただ、評判は耳にしてたけど、どーいう映画かは一切知らずに見ました。
序盤はけっこー予想通りっていうか、題名からしても想像できる感じやったんやけど、それが徐々に良い意味で裏切られていって、展開も面白くなっていき、最後には釘付けになってる自分。
ブラピ好きの俺には彼のかっこよさだけで大満足な上に、笑いもあってクレイジーで気付けば超絶楽しめました。
90年代の映画とは思えない映像。キレッキレの映画でした。
YUTA

YUTAの感想・評価

4.1
「職業が何だ。財産が何の評価に?
車も関係ない。人は財布の中身でも
ファッションでもない」。

自分にとってお薬的なセリフ。

表層的な価値に囚われて
本当に大切なことを
見失ってしまっている人は少なくない。

見失いそうになったときには
この映画を観る(観よう!)。

真の価値を得るために
" Fight "し続けろと
背中を押してくれるはず!
hayaseee

hayaseeeの感想・評価

4.1
観るのを後回しにしてしまっていたけど、ようやく観れた。

日常での鬱憤を晴らし合うファイトクラブが各地に広まっていく様は、皆が蟠りを抱えたまま生活している社会の現状が映し出されるようで少し心に沁みるものがあった。
しかし、それよりも印象深かったのはフィンチャーの作り上げたプロットで、少しの違和感を醸しながらスピード感を持って進んでいき、最後の最後でどんでん返しされる様は、この映画が名作と言われる所以なのかなぁと思った。
めちゃんこクレイジーな映画だな。って普通に面白く観てたのに。。
あ、そういう話!!??って最後になって急に本質の面白さに気づかされた。
伏線はいっぱい詰まってたなと、後から考えると気づけるけど劇中はまったく気づかなかった。
いやはやあっぱれな映画です。
今から見る方一瞬たりとも見逃さなきよう。
にこら

にこらの感想・評価

3.7
騙されたわー
あ

あの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ファイトクラブ──地下格闘場みたいなまさにファイトクラブで男たちが汗と血を流して拳と拳をぶつける、そんな熱い映画なのかと思ってた。
前知識といえば監督がSEVENと同じ人で、ブラッド・ピットとエドワード・ノートンが出演していて、名作と言われているということくらい。

初めてこの映画を見る人はそれくらいなんの情報も入れずに、まんまと騙されればいい。

ブラッド・ピットがセクシーでかっこいいのはもちろん、エドワード・ノートンの演じる狂気もさすがのもので、とてもおもしろいフィクションだった。

FILMAGAの内容がとても面白かったので、見終わったあとで読んでみてほしい。
>|