ファイト・クラブの作品情報・感想・評価

ファイト・クラブ1999年製作の映画)

FIGHT CLUB

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

「ファイト・クラブ」に投稿された感想・評価

暴力シーン多めのどんでん返し系映画を頑張って観たのに、トリックがわからなかった時の悔しさったらない。しかも結構わかりやすく伏線が張ってあったのに、、、。ストーリーは面白かったけど、痛そうすぎたので評価低め。14
久しぶりに観たら、メチャメチャ面白い。ブラピはセブンとファイトクラブが面白かった印象があり、ようやく2回目観れました。新鮮にびっくりできるし、なんせブラピが格好いい。物質文明へのアンチテーゼをこんなに前に、娯楽映画で表現してたのね。あんな肉体なってみたいわ。
とも

ともの感想・評価

5.0
何回もみたくなる。
男の友達に勧めたくなる。
内容少し難しいからそういうの好きな人にオススメ。最後裏切られすぎていっとき思考停止した。
Arbuthnot

Arbuthnotの感想・評価

4.5
公開20周年を記念して再視聴。
いや、20年前の映画とは思えない。色褪せない面白さ。
大人になって見返してみると序盤からそこかしこにオチのヒントがあるんだなぁと新たな発見。
電話番号を書いて渡した名刺とか。でも初見ではやっぱり最後まで見抜けないだろうな。当時、前情報なしでこのオチに騙されなかった人なんているんだろうか?
そしてラストはどう解釈すればいいのだろう?あの後2人はどうなるんだ?考えるのが楽しい。

あと映画本筋には関係ないけどテレビドラマ「Mr. Robot」はミレニアル世代のハッカーが主人公のファイトクラブって説明がしっくり来る。
すごいな。もっかい観よう

このレビューはネタバレを含みます

ファーストインプレッションがすごい。イケアの家具とスタバのコーヒーの印象が割と残ってる。あと、手の甲にじゅーってするやつ(語彙力

バイオレンスで狂気的であんまり好きじゃない描写が多いけど、観た後に、良いものみたって思った。なんていうか、喧嘩を売ってるような映画。

最初から最後までずっと残る不安感。あれどうやって撮ってるんだろ。構図のバランスが悪いとか?

マーラとの恋愛関係と理想の自分をリンクさせてる感じが、流れを感じる。
T

Tの感想・評価

3.5
殴り合いしてたけどそんなにアクション映画では無かった
しんや

しんやの感想・評価

3.8
この作品、知人からネタバレされたのを理由に何となく見逃していた。

面白いよね〜だからこそ何も知らずに一度見たかった、泣
ファイト・クラブにのめり込む人達の気持ちが、何となく分かる気がして・・・ちょっと疲れてるのかな、笑
junta

juntaの感想・評価

2.0
何回も見直さないとよくわからない系苦手…
緑青

緑青の感想・評価

3.8
現代に潜むマッチョイズムの顕現。ブラピがひたすらに「「男性性」」だった。ブラピに何の役させたい?ってアンケとって集計して男性投票第1位がタイラー・ダーデンで総計だと第1位ラスティ・ライアンでしたみたいな感じ(いまめちゃくちゃ適当いいました)。
冷静に現代に生きる自分の立場で考えたらファイトクラブおよびその計画はホンットーーーーに(言葉を選ばす言うと)クソなので私は観ながら結構な勢いでキレてた(というよりマッチョイズム描写として猛烈に納得してた)んですが、ただ映画として主演の芝居が死ぬほどうまくてメタ的でよく出来てて普通に展開にびっくりさせられて怖くて面白い。ラストシーン、どう考えたってめちゃくちゃだったんだけど、ああそうだよなぁ、こういうのが人生だよなぁってわけのわからない説得力にやられてしまった。始まりも途中も最後もゲラゲラ笑いました。笑いながら怖くなる。でも笑うしかない。
しかしこれが評価された(されてる)ことには映画界の(水面下で息をする)男性性への欲望を感じざるを得ない、たぶん今年公開だったらこんなに売れてないんだろうと思います。ヘレナボナムカーター素晴らしかったけどまさに「ファムファタル」の役割だったし、なんだこの映画、世紀末のフランス絵画か? あまりにも剥き出しすぎるもん。
否が応でも湧いてくる高揚感と胸糞悪さみたいなものを感じた良き映画体験でした。
>|