悪人の作品情報・感想・評価

悪人2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

3.6

「悪人」に投稿された感想・評価

エミオ

エミオの感想・評価

4.0
柄本明の言葉がグサリとくる。
タナカ

タナカの感想・評価

5.0
バスのおっちゃん、好きだ
9年越しに見れた。

深津絵里は相変わらず美人過ぎる。

悪人は沢山いたと思うけど、本当の悪人は誰なんだろう。と、まさにこの映画の問いかけに悩まされました。

沢山の視点がある中で、世間一般の視点は狭い視野で見えてしまっているなぁと。

とりあえず、もっと早く出会っていて欲しかったです。
あと、殺人はダメ絶対。
aym

aymの感想・評価

3.5
ちょいちょい泣いちゃった
深津絵里きれい〜〜
登場人物みんな悪い人であり良い人であり、、、(岡田将生と悪徳業者はわるいやつか)
ponko

ponkoの感想・評価

3.8
灯台から、朝の光が差し込む。
生きてるか死んでるのかさえわからなかった
オレ。。生きてる。。
やっと笑えた。。。
と言わんばかりの目に涙を浮かべる主人公(清水)の表情が、観るが側に自然と涙を誘う。(号泣してます)

容疑者以外の悪人とは?

殺された人も、放置した人も、容疑者と一緒にいた人も、息子を捨てた母親も、全員悪人としてもとれる。

主人公(清水)が光代に対する思いと、母親に対する思いが重なってもみえる。

あの人、悪人だったんですよねぇ。。。
光代の本音とも言える言葉のなかに、清水を想う気持ちが凄く、切ない。

満島ひかりは、この作品で、一番役柄もあってか、苛立たせてくれたけど、熱量は伝わるけど、正直、演技が上手いのか下手なのか分からない。
どの作品観ても未だに分からない。(ファンの方すみません🙏)

この作品昔観てるようで観てない感じたったので、そんな作品他にもまだまだあるんだろな。。。

妻夫木聡と深津絵里は文句なしの役者!
実力派俳優の岡田将生もうまい!!
まお

まおの感想・評価

3.0
人は寂しいと生きていられない
誰かに愛されていないと脆くなる

早く2人が出会っていればなあー
あと、樹木希林さんの演技好き
str

strの感想・評価

3.6
キャストは素晴らしい。
物語は重い。
ゼロ

ゼロの感想・評価

5.0
誰が悪人なのか?

この作品はあらすじだけを聞くと、主人公・清水祐一が悪いのは明白である。なぜなら、保険外交員女性・石橋佳乃が土木作業員・清水祐一に殺されたからだ。では、彼は全面的に悪いのか?と言えば、それまでの経緯がある。そもそも殺された石橋佳乃は、一方的に好きな増尾圭吾に詰め寄り、車に乗り、空気の読めない発言をし、山奥で捨てられた。増尾圭吾はクズ男であるのは間違いないが、石橋佳乃は清水祐一に拾われ、感謝をするところか、警察に訴えてやると被害妄想をしているクズ女である。クズ男とクズ女に口下手な清水祐一が巻き込まれ、悪人に仕立てられた。

全体的に漂う空気は暗い。田舎にある閉鎖空間を、逃げれないあの独特の空気を描いている。マスコミは善悪をハッキリと付けたがるが、0(善)か100(悪)かの人間など存在はしない。マスコミの犠牲者になった清水房枝(母親)を樹木希林さんが存在感を示して演じているのは見事である。

俳優の力が大きい作品で主人公の清水祐一は妻夫木聡さんが演じており、裕一と逃避行した馬込光代役を深津絵里さんが演じている。主演の二人が存在感のある人間であるのにも関わらず、役に演じてコミュ障であったり、冴えない女を見事に演じ切っているのは流石だ。

物語としては犯人が捕まり、エンディングを迎える。しかし、彼が生粋の悪人か?といえば、祖母にプレゼントをする優しい子であった。しかし、善人か?といえば人を口論の末、殺す幼稚さもある。たまたま今回は悪人として仕立て上げられただけ。

全てを観終わったあとに、人間ってなんだろう?と考えさせられる良い作品でした。
>|