R

大逆転のRのレビュー・感想・評価

大逆転(1983年製作の映画)
3.6
自宅テレビで1人で鑑賞。

商品先物会社のエリート、ウィンソープ(ダン・エイクロイド)とホームレスのバレンタイン(エディ・マーフィー)はウィンソープの上司のデューク兄弟の賭けに使われ、生活を逆転させられてしまう。


エディ・マーフィーと「ゴーストバスターズ」で有名なダン・エイクロイドのW主演作。

冒頭のロゴから長〜いスタッフクレジットから始まり、画質といい、作りといい、クラシックっぽいなー。けど、1983年制作だし、エディ・マーフィー主演ということでわざとこういう風につくってあるのかな?

しかし、いくら賭けとはいえ、冒頭の逆転描写はキツイなーーー。

また賭け金1ドルて、コメディだけど、このデューク兄弟には感情移入できないわ。

ラストはまさにざまぁwてとこだろう。

主演の2人はコメディ畑の人間だけあって、軽快に物語に進めてくれる。

エディの方は口八丁な感じでのし上がっていく様がそれだけで映画一本作れそうな感じ。

中盤の列車のシーンも楽しそうだな笑

あと、このエディの役、ホームレスじゃなくても頭キレるし、元からやってけそうだけどな笑

ダン演じるウィンソープの方は落ちぶれ感が凄まじい!!

その落ちぶれたダンと出会う娼婦オフィーリア(ジェイミー・リー・カーティス)も初めは金目当てでウィンソープに近づくけど、徐々に惹かれ始めて…ってベタだけど、イイ感じだった!!

とにかく母性が凄まじい!!あとナイスおっぱいだったね!!

色々ゴタゴタがあり、中盤、生活が逆転した2人がデューク兄弟の企みに気づいての中盤の列車シーンは古くさかったけど、賑やかな感じが良かった!!

ゴリラのゲンコツの仕方が地味に面白かった!!