キミシマムザ裕君

ランゴのキミシマムザ裕君のレビュー・感想・評価

ランゴ(2011年製作の映画)
3.5
人間のペットだったカメレオンがドライブ中に事故で砂漠の真ん中に置き去りに!!途方に暮れていた彼がたどり着いたのは西部開拓時代風の街「ダートタウン」で・・・

ディズニーピクサーじゃない!!
ドリームワークスでもない!!!
じゃあどこ制作のアニメ映画なんだ!?
そう、ILMだ(インダストリアルライト&マジック)!!
『パイレーツオブカリビアン』のゴアヴァービンスキー監督が手掛ける西部劇風アニメーション映画!
主役の声はジョニーデップ!
西部劇は一通り観たのでとりあえずこういうのも鑑賞。

はい、前置きで盛り上げた割りには普通でした。
まぁ少し驚いたのはアニメ制作がILMだということ。
ILMといえばスターウォーズファンにはお馴染みだが一般人にはそこまで知れ渡っていないのかな?簡単に説明すると『スターウォーズ』のときにジョージルーカスが作ったCGとか映像の会社で今でも特殊効果を使う映画では大喝客をしているのだ!
(『トランスフォーマー』『ET』『ジュラシックワールド』他数え切れないほど)
そんな会社が初めて手掛けたアニメ映画がこちらだそうで!
監督も初めてのアニメ映画だそうで!!

映像はとっても美麗で見やすい!
西部の広大な自然や水の潤いなどアニメでも十分堪能出来るようになっている!!が!!しかし!!このリアルさが逆にあだとなってしまったのが・・・

キャラデザがキモイ!!

これだ!!無駄にリアル!!ほ乳類から両生類、は虫類までなんでもアリのキャラクターが勢揃いなのだが、妙に彼らのデザインがリアルで気持ち悪い。主人公のカメレオンもいくらイケメンのジョニデが声をあててもかっこよく感じない(笑)
海外での評価はそこまで悪くないのに(アカデミー長編アニメ賞も受賞)このアプリでもここまで平均が低いのは国民性なのだろうか!?日本人はこういうリアルなアニメーションをあまり好きじゃないのだろう!

内容としてはしっかりとした西部劇映画をしていて個人的には満足。過去の西部劇名作達『荒野の用心棒』『ウエスタン』『続・夕陽のガンマン』のオマージュもあるので昔ながらの西部劇好きも楽しめると思う。
も、もしかしてあの精霊はイーストウッド様・・・!?
カメレオンは声だけじゃなく動きや表情もジョニデだそう
が、やっぱり可もなく不可もなくなんだよなぁ。。。
あとカメレオンの特性そこまで活かしてない気が・・・

しかし!西部劇らしいというかそのものな音楽は素晴らしい!
ドツボ!語り部兼音楽隊のフクロウ達のキャラも素晴らしかったので彼らの活躍に感謝の意を込めて
+0.5点!!



西部劇好き、3Dアニメ好き、ジョニデの声好き、そしてキモイキャラデザでも全然大丈夫な方にはお勧めの作品。