遊星からの物体X ファーストコンタクトの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 遊星からの物体X ファーストコンタクトの作品情報・感想・評価

「遊星からの物体X ファーストコンタクト」に投稿された感想・評価

特に怖いいいってこともなく、そしてビクッてする場面もそれほど無く楽しく観られた映画でした。前作を観たのは随分前でうろ覚えでしたけど、こちらの作品から観ても十分楽しめます。シガニー・ウィーバー主演のエイリアンや漫画の寄生獣が好きな人は、この作品も好きになれるんじゃないかなーと思います。

前作に比べCGをバンバン使っているためなのか、エイリアンがそれほど怖くなく むしろ笑えてきちゃうのでホラーが苦手な自分でも安心して観られました。クリーチャーは陰気でネチャアアッとした気持ち悪さと恐怖を覚える前作の方が良かったですねー…CGってなんであんなに怖くなくなっちゃうんだろうか。

誰が敵なのかわからない、疑心暗鬼でドキドキハラハラする、特に口の中をひとりひとり調べていくシーンは面白かったです。あとスタッフロール中に前作へと繋がるエピソードが挟まれるのがよかった!
Souma

Soumaの感想・評価

3.5
昔の作品のリメイク作品。
リメイクされてたとは知らなかった。といってもこの作品も2011年だからかなり前だけど。
前作品はかなり前に見たのは覚えてるけど、内容はあんまり覚えてなかったので楽しみながら見れました。

映像技術の進歩を感じたね。怪物がマジでキモさとグロさが増し増しって感じ!
怪物探しは、なんでもあり感はいなめないけど、誰が怪物なのかっていうドキドキ感は楽しめると思います!怪物作品の中では良作の部類だと思います。
SFモンスターパニック
南極で発見された生物は獰猛で、取り込んだ人間を復元する能力があった。

誰が人間か偽物か疑心暗鬼になる展開、解剖シーン、復元失敗?(私的には成功)の造形などは🙆

それにジョエル・エドガートンが居ますから楽しく鑑賞出来ました!
てか未見のオリジナルこそ観ないとな

2017 8 ムービープラス
電気羊

電気羊の感想・評価

4.0
グロテスク・スプラッターSFの金字塔「遊星からの物体X 」の前日譚。物体Xの正体は、南極に不時着したUFOに乗っていた寄生生物だった。しかし物体XにはUFOを作ったり操作する知能は感じられないので、恐らくはUFOの搭乗員は物体Xに補食されたものと思われる。前作はCGなしのSFXで凄まじいほどのグロさを表現していたが、今作でもCGによるグロ描写は健在だ。でもなー、焼き直しの感があって前作に比べると衝撃度が下がるね。
ka

kaの感想・評価

-
2017.08.13
前日譚。前作に敬意を払った丁寧なつくりでした。
martroniks

martroniksの感想・評価

2.8
「画面が暗くてなにやってるか分からない問題」と「10クローバーフィールドレーンとごっちゃになる問題」は多少あったものの、しっかり疑心暗鬼サスペンスを楽しめた。
未知の生物が襲ってくる、Xファイルや、前作(遊星からの物体x)と内容は同様です。SFアクションとして、問題なく楽しめるストーリー・演出です。
ホラー要素を含むSFアクション作品の中で、本作で登場するクリーチャーは良い意味で気持ち悪く、怖さもバッチリ。バケモノの姿が目新しいです。
どんな見た目にするか製作段階で相当議論をされたんだと思います。ここが素晴らしい!
エイリアンが凍ってて発掘し、隔離されたところで復活するというよくあるモンスターパニック映画

この映画の背景とかはよく知らないがあまり目新しさもなく、迫力にかける。内容もありきたり
>|