遊星からの物体X ファーストコンタクトの作品情報・感想・評価

「遊星からの物体X ファーストコンタクト」に投稿された感想・評価

特に怖いいいってこともなく、そしてビクッてする場面もそれほど無く楽しく観られた映画でした。前作を観たのは随分前でうろ覚えでしたけど、こちらの作品から観ても十分楽しめます。シガニー・ウィーバー主演のエイリアンや漫画の寄生獣が好きな人は、この作品も好きになれるんじゃないかなーと思います。

前作に比べCGをバンバン使っているためなのか、エイリアンがそれほど怖くなく むしろ笑えてきちゃうのでホラーが苦手な自分でも安心して観られました。クリーチャーは陰気でネチャアアッとした気持ち悪さと恐怖を覚える前作の方が良かったですねー…CGってなんであんなに怖くなくなっちゃうんだろうか。

誰が敵なのかわからない、疑心暗鬼でドキドキハラハラする、特に口の中をひとりひとり調べていくシーンは面白かったです。あとスタッフロール中に前作へと繋がるエピソードが挟まれるのがよかった!
チコ

チコの感想・評価

3.2
前作があるとのことですが未鑑賞です。

南極で不時着したエイリアンを氷漬けのまま輸送するつもりだったが、逃げられてしまう。
そのエイリアンは、殺した人間の細胞をコピーしてその人間になりすまし人間を襲う。チームは人間になりすましたエイリアンを倒そうと戦うがというストーリー。

設定は面白いが、誰が偽物なのかというやり取りのドキドキ感がもっと欲しかった感じ。

後半の人間と同化し蜘蛛のように変化したエイリアンは、不気味でビジュアル良し。
masarai

masaraiの感想・評価

3.8
出張中にClip!倉庫片付け第5弾!

やっぱり子供とは一緒に観れない映画をチョイスしていきます。

ということで、今回はわりとガッツリ系のホラー映画を。

でも、これの前作『遊星からの物体X』は、僕がまだ子供だったころ、生まれて初めて観たホラー映画なんだけどね(^-^;)

で、色々酷評も多い今作『遊星からの物体X:ファーストコンタクト』なんだけど、僕個人的にはめちゃめちゃ楽しめた!

前作『遊星からの物体X』と完全にリンクしているので、前作を先に観てから観賞するのがお勧め!

物語内の時系列的には今作『ファーストコンタクト』→前作『遊星からの物体X』なんだけど、公開の順番通り前作→(時間をあけずに)今作の順番で観た方が良いです!

前作の冒頭で出てきた「コレはどういう状況だったんだろ?」という色々な伏線(謎?)が全て「あーこういうことだったのね!」という感じで回収(解明?)されるので、それだけでも気持ちがよく面白かった!!!

僕は今作『ファーストコンタクト』を観終わった後、前作を忘れていたところもあったので続けて前作『遊星からの物体X』を再観賞したんだけど、まぁきれーに繋がってる事!w この繋げ方は美しいとすら思えるwww これは称賛に値します!!

でも、(当たり前といえばそれまでなんだけど)クリーチャーのグロテスク感は当然CGを多用している今作『ファーストコンタクト』の方が、圧倒的に上なので、今作を見てから前作『遊星からの物体X』を観るとクリーチャーがなんだかしょぼい感じ。なので、上でオススメした通り公開の順番で観賞しましょう。

あと、きっちりがっつりホラーしてるので、観賞にはグロ耐性は必要です。
まぁ前作が観れてる人なら大丈夫かなぁ。(まぁ今見るとショボショボなんだけど ^-^;;)
他のグロ目安としては最近の映画だと『エイリアン・コヴェナント』とかと同レベルくらいかな?



最後に、前作『遊星からの物体X』→今作『遊星からの物体X:ファーストコンタクト』→もう一回前作『遊星からの物体X』を観た一番の感想。
1) 南極基地に存在する火炎放射器は、高確率(大体30%~50%くらい)でガスの調整がおかしくなっていて、肝心なときに使い物にならない(笑)
2) このクリーチャーが突然目の前に現れた場合、たいていの人は、その造形に見入ってしまいウットリして攻撃するのを忘れる(笑)
↑以上のことは、このシリーズの映画世界での標準仕様ですので、そこは突っ込まずに観てください!(笑)
REY

REYの感想・評価

3.0
リメイク版らしいですが
前作は見ていない
複製するサマが気持ち悪いww

エイリアンが人間をも複製する為
人間なのかエイリアンなのか
区別がつかなくなる。
どこから襲ってくるかも
分からないバケモノだけでも恐怖。
生き残っている者同士で
助け合わなければならないのに
生き残っている誰1人も信用出来なくなる怖さでハラハラ感が増しますw
有名だったから借りてみたら違う方だった!オープニングに少しあった1982年のお話が元だったのかな?息子が祖母とセックスするっていうジョーク面白かった、もらおう。

敵が誰か分からない恐怖やホラー的な演出のおかけでずっとドキドキ。
人間とエイリアンの見分け方が歯の詰め物て!オモロイ!

あんな飛行船を造れるほどの高度な文明に生まれながら、人間を見たらギャーギャー言いながら食べようとするんだね。

南極に10万年前からあった未知の飛行船とか氷漬けにされた得体の知れない生き物とかを調査する科学者になりたい。
最後に残った女も実は怪しいかもってのを演出して欲しかった。観客も騙されてたって感じで。
vinter

vinterの感想・評価

3.5
大体前作と同じ感じなのだが、この作品の登場人物たちは優秀なので好き。
仲間ごと火あぶりにするとか訓練されていないと出来ないと思う…

前作の見えない恐怖と比べ今回は結構敵が露出してくるのでホラー感は薄れパニック映画のようだった。
ミーゴのCGデザインや前作の伏線回収があったり良かった。
なんか良く分かんなかった
ラストの解釈は分かれるんでいいのか
前作見てないからなぁ、、
そーま

そーまの感想・評価

3.8
クリーチャーのデザイン好き
>|