さっち

ファインディング・ニモのさっちのレビュー・感想・評価

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)
4.1
カクレクマノミの父ちゃんマーリンがひとり息子のニモを探しに行くお話。
子ども向けにしては長編なのでは?という印象を受けました。子どもと前半後半2回に分けて鑑賞。
海の中の世界の綺麗な映像には癒し効果あり。キャラクターはたくさん出てくるので名前が覚えられないですが、それぞれの生き物の特徴を捉えた仕草や動きが面白いですね。びっくりするとおもらししちゃうクラゲ?ちゃんとか。

終盤、ある出来事に直面して落胆したマーリンに対してドリーが投げかけた「子育て論」ともいえる言葉にグッときました。忘れっぽくていつもとぼけた感じで楽天的なドリー…いいこと言うじゃない!

可愛い子どもだからこそ信じて旅をさせてやらないといけないな。親離れ子離れは親子両方の成長が必要なんでしょうね。という楽しみつつ親目線・子目線の両方になれた作品でした。

スコアは3.6くらいなんだけど、息子が手を叩いて、楽しんで観ていたので加算して4点台にしています^_^