うめ

ファインディング・ニモのうめのレビュー・感想・評価

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)
4.0
 気晴らしに再鑑賞。先月、今作の続編『ファインディング・ドリー』の予告編が公開されてわくわくしちゃったので、今回は予習も兼ねて。ピクサー初製作の長編作品『トイ・ストーリー』からピクサーの作品には毎回お世話になっている。小さい頃からこの歳になるまで、ピクサーの作品をリアルタイムで追っかけることができて、必ずどこかしらわくわくさせてくれるのが本当に嬉しい。今作も、これまで何回観たことか。でもいつ観ても楽しいし、わくわくする。これぞピクサーの魅力。

 今作の舞台は海、魚たちの世界。過去の出来事で息子ニモに過保護なカクレクマノミのマーリンがタイトル通り、ダイバーにさらわれたニモを探しに行く物語。マーリンとは対照的にお気楽で物忘れの激しいドリーと共に広い海を旅する。一方、ダイバーに連れ去れたニモも何とかマーリンのいる海へ戻ろうと奮闘する。マーリンとニモ、二人の話が交互に語られ進んで行く。

 今作もそうなのだが、ピクサーは人間以外の動物や物を擬人化して魅力的な世界を作り上げるのがとても上手い!おもちゃ、昆虫、モンスター、車、ねずみ、ロボット、恐竜…舞台の設定がよく練られているだけでなく、それぞれのキャラクターが人間味溢れていて感情豊かなのも魅力的。「こんな世界に行ってみたい!」と思わせる楽しさが随所にあるのだ。だからこそ、観ていて飽きない。

 そこに付随して、芸がとっても細かいのもまた楽しい。お決まりのA113に、今作だとおもちゃとしてバズ・ライトイヤーがちらっと登場していましたね。エンディングのスタッフロールにも「彼」がいましたね(笑)そういう全体で楽しませようとしている雰囲気が伝わってくるのがいい。

 そこに合わさるストーリーも上手いんだよなぁ〜。マーリンやニモ、ドリーのちょっとした言動がしっかり大筋のストーリーに返ってくるのとか本当に上手い。ありきたりと言えばありきたりのストーリーなんだけれど、家族愛といった普遍的で誰にとってもわかりやすいテーマを常に描いているからこそ、大人から子どもまで楽しめる作品に仕上がっているのだと思う。とんとんと進むテンポも子どもにとってはずっとわくわくできるテンポとなっており、ちょうど良いのだと思う。

 それから声が吹き替えも字幕もそれほど違和感がないのが良かった。いつも吹き替えで観ているのだけれど、今回は字幕で観てみたら…何の問題もなかった。他の作品もそうなのだけれど、声の人選は抜かりないですね。ちなみにペリカンのナイジェル役はジェフリー・ラッシュが声を担当していたんですね、知らなかった!

 まだ『インサイド・ヘッド』も鑑賞できていないのだけれど、『アーロと少年』も『ファインディング・ドリー』もさらに楽しみになった再鑑賞でした。


 ちなみにスコアが高得点なのはご了承ください。リアルタイムで観た懐かしさと思い出を少し含んだ結果です。多感な時期に観た作品を思い出なしに、作品のみで評価するのは難しいですね。

あ、ひとつ書くのを忘れていました!それはニモの外見のこと。ニモって顔はお母さんのコーラルのように優しい顔をしているのだけれど、シマの形や全体の色はマーリンそっくりなんですよね。何回も観てきたはずなのに、今回初めて気がつきました。いや、芸が細かいよ、ピクサーさん。