zita

希望の樹のzitaのレビュー・感想・評価

希望の樹(1976年製作の映画)
3.7
当時ソ連の構成国であったジョージアのとある村の悲恋を描いた作品。「祈り」3部作の2作目。極彩なオープニングから始まり、彼なりのブラックユーモア(?)な様々な個性的な村人を描き出し、そのまま物語はあるカップルの悲劇へと収束していく。(眠気をさそう)静かな展開から一転、長尺の後半のシーンはあまりに美事。気づけばかなりいろんなシーンが脳裏に焼き付いてる、そんな映画でした。にしても俳優の名前笑っちゃうくらい誰一人覚えられねーなこれ。