mato

誰も知らないのmatoのレビュー・感想・評価

誰も知らない(2004年製作の映画)
3.2
育児放棄により取り残された子どもたちが必死に生きる様を描く。巣鴨子ども置き去り事件がもとになってるそう。

序盤では家族の愛らしさがほほえましかった(スーツケースのシーンとか母親の接し方とか)が、次第に異様さを見せはじめ、不憫で見ているのが辛くなってくる。

子どもの頭ではあの状況を打破することは難しいか。周りも手を差し伸べられればいいのだけれど、みんな自分のことで精一杯で余裕はない。だから、彼らには表面的にしか接しえない。それがとても悲しい。


他、
YOUが役にすごく合ってた。あのだらしなさ、まさにネグレスト。