誰も知らないの作品情報・感想・評価

誰も知らない2004年製作の映画)

Nobody knows

上映日:2004年08月07日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「誰も知らない」に投稿された感想・評価

設楽裕也はこの映画がデビュー作で、その自然な演技は海外でも絶賛されましたが、まだ子供でありそもそも俳優とは何かを理解するには若すぎましたね。その後のスランプは夢から醒めた後の現実と言えるでしょう。
me

meの感想・評価

3.9
たぶん今まで観た映画の中で1番怖い…
またろ

またろの感想・評価

3.0

きっつ、
夜中に1人で見るもんじゃない。

母親の孤独も子供の孤独も種類が違う。
子供だからある孤独感と母親になって感じる孤独感はきっと当事者にしかわからない。
普段の生活でしてることがリアルすぎて、あとあとしんどかった。

誰を責められるわけでもない、誰を責めていいかもわからない。そんな映画。
泣くとか怒るとかそんなんじゃなくてもっと根本にあるなんか複雑な気持ち。

とにかく子供が自然すぎる。
子供は母親の女の部分を見たくないし、母親は1人じゃ抱えきれなくなって逃げたくなった。それが多分一番大きい。

誰しもなりうる現実。
S

Sの感想・評価

3.5

悍ましい
き

きの感想・評価

3.8
一親になった気分でこの子達の日常を見守りながら、悲しくなった。後半まさかの展開。
かなしい
重くて苦しくて辛い。
観終わった後に、実際の事件のことを調べてより苦しくなった。
でも、観て良かった。
yukorin

yukorinの感想・評価

4.6
もし

ここが日本でなければ。

もし

ジャングルのど真ん中なら。

この子たちのしたことは

ステキなことになる。

彼女の好きなものが見えるところに

埋めてあげよう。

このお兄ちゃんのどこに

罪があるのだろう。

大切に大切に

兄弟の気持ちを大切に

葬ったのだ。

"届け出たら兄弟バラバラに"

しなければ

幸せな方向へ進めるのだろうか。



この感想を母に話すと

「理解出来る方が何人おられるだろう?」

と上から目線的な返事笑笑

私が思うんだから

そりゃいるでしょう笑笑
>|