ii

気狂いピエロのiiのレビュー・感想・評価

気狂いピエロ(1965年製作の映画)
-
500本目

青白赤
自由、平等、友愛
男の赤と女の青
太陽と血と車と服とペンキと海

自分にない色を求め合うのが愛なのかもしれない、分かり合えることなんてないけど。青のペンキ塗るなんて母なる海に飛び込んでるようなもの。
滞在と移動とか文学と音楽とか ずっと合わない彼らが共に旅するのはお互いにない色を求めあっているからだろう。

「寂しい男はおしゃべりなんだよ」

これは人生のお供にしたい最高の映画だ。

2017/12/1