こちんだ

許されざる者のこちんだのレビュー・感想・評価

許されざる者(1992年製作の映画)
3.8
イーストウッドが初めて作品賞と監督賞でオスカーを手に入れた。

ウィリアム・マニー(イーストウッド)は亡き妻のため、殺しを辞め、貧しい農場で子育てをしていた。マニーは娼婦の賭けた懸賞金目当てに友人ネッド(モーガン・フリーマン)と手を組む。
彼らは娼婦をナイフで刺した犯人に復習することを仕事とする。

この映画の凄い所はこれまでの西部劇を見直そうとしている点。
西部劇によくある英雄伝説や薄っぺらな西部劇小説を暴いたり、卑怯な銃撃戦を描いたりするなど、皮肉に満ち溢れている。

最終的にはイーストウッドが暴れ回るシーンが見れて満足。