大木りん果

許されざる者の大木りん果のレビュー・感想・評価

許されざる者(1992年製作の映画)
3.3
殺しをやめて長い主人公が、子供のために懸賞金の男を追う。
過去に多くの人を殺した苦悩だけでなく、懸賞金がかけられるに至った経緯や、元殺し屋仲間との友情も描かれているのがよかったです。

でも、、主人公が、いくら今は更生していても、殺しを重ねた「許されざる者」のはずなのに、結構許されているようなラストだなと、感じてしまったところがあります。

でもでも、カウボーイハットのイーストウッドは、やっぱり超かっこいいです✧ 寡黙な感じも(*^ω^*)b