べし太朗

21グラムのべし太朗のレビュー・感想・評価

21グラム(2003年製作の映画)
3.5
時系列とびとびなのにすごくスッと理解できる、すごいなと思ったらバードマンの監督だったんですね。イニャリトゥ?監督の撮る男性像がとても好きです。脆さと芯の強さが並存する感じ。こうザラザラした画面、シーン一つ一つの見せ方がかっこいい。
監督が伝えたいことは正直よくわかんなかったんですけど、なんだか忘れられない映画になった気がします。もう一回見たらストーリー理解できてるので、また違う見方が出来そう(^○^)!