デイズ・オブ・サンダーの作品情報・感想・評価

「デイズ・オブ・サンダー」に投稿された感想・評価

うに丼

うに丼の感想・評価

3.0
『トップガン』の栄光よ再び…な、トニー・スコット監督Xトム・クルーズのカーレース映画。
ロバート・デュバル、マイケル・ルーカー、ジョン・C・ライリーと、安心の脇役陣。

ストックカーレースの迫力は劇場の大スクリーンで味わいたかった。
ryodan

ryodanの感想・評価

4.8
2015-06-05

T・クルーズ主演作。
この間のエアーレースの余韻が冷めやらず、車ですけどレースモノのこれを買ってしまいました。監督は、T・スコット。彼の臨場感溢れるカメラワークと編集で、レースシーンはハラハラドキドキ。この作品、何といっても名優、R・デュバルです。彼の演技力はさすがです。ついこの間、「ゴッドファーザー」を見たばっかりなんでなおさら(笑)。スゴイ人です。ルックスで損してる感じがしますが、演技力ではデニーロ並みだと勝手に思ってます。わざとらしい芝居をしないんですよね。H・カイテルと同じタイプなのかもね。渋い。メチャクチャカッコイイです。クルーズが、かすむ程。後に「アウトロー」で再び共演してます。安定感は健在でした。
ペン

ペンの感想・評価

3.5
配役がgood
ぽいど

ぽいどの感想・評価

3.0
何回見ても「廉価版トップガン」という印象が覆らないなぁ…。トムクルーズは間違いなくカッコいいし、ハンスジマーの劇伴も抜群にイカす。レースの臨場感も凄い伝わってくるんだが…。
なんだろう、この物足りない感。主人公以外のキャラが面白くないのかな? 展開はどちらも都合良すぎるのはそうだが、トップガンほど成長や葛藤を魅力的に描けてない。それは周りの引き立てる人たちの役不足かなと、今回鑑賞して感じた。
あ、ニコールキッドマンは良かったよ!当時本当の夫婦だからか、ラブロマンスは凄い自然に入ってきた。
この作品を見た当時はNASCARの事をよく知らずに見ていたので、単なるトップガンのカーレース版としか世間と同じような評価をしていました。
しかし今はNASCAR中継を見ていて知識があるので、この作品の面白さがよく分かります
それと同時に突っ込みどころも見えてきて、NASCARでこんなごぼう抜き絶対無理でしょうという所はあります、それとは逆にセーフティカーが入ったときのピットイン・ピットアウトでのポジショニングの重要性とかよく分かって面白いです

ニコール・キッドマン先生がとにかく綺麗ですよね、その先生を仕込みだと勘違いしているトム・クルーズがまた面白い

これもトップガンのように2を作ってくれないだろうか
Lee

Leeの感想・評価

3.5
記録
NASCARレースドライバーのコール・トリクル。ラウデイとのライバル関係で腕を上げていく。事故で入院した先で後の妻になるニコール・キッドマン扮する脳外科医に会い恋をするのだが…デイトナ500の優勝目指して…男どうしの友情に乾杯です。車の後ろからぶつけてリメンバーミーのセリフが印象的でした。
普通におもろかった
トムクルーズかっこよすぎ
トップガンをみてみたくなった
>|