トリコロールに燃えての作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「トリコロールに燃えて」に投稿された感想・評価

asami

asamiの感想・評価

3.7
美女&美女☆ヒャッホー!!ってテンション上がってたけど、最後はホロリ。

2人共、濃いメイクがとってもお似合いですごく魅力的♪

ミア(ペネロペ・クルス)の代わりに男に仕返しするギルダ(シャーリーズ・セロン)のシーン好きw
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.8
よう分からないレズ映画?。戦争背景にしたメロドラマの雰囲気はたっぷりでそこそこ楽しめる。とにかくおっぱいきれいだった。
秋

秋の感想・評価

4.0
シャーリーズ・セロンが綺麗で、かっこいい。俺はこれ見てシャーリーズ・セロンが好きになった。
切ない恋愛モノです。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.0
シャーリーズ・セロンやペネロペ・クルスとベッドでイチャイチャできる生活を捨ててまで戦争に行くことを望む男なんて本当にいるのか?
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
戦争が愛を別つ
時代に翻弄された悲恋
ラストがおしゃれで美し過ぎる
rei

reiの感想・評価

3.5
とにかく美✨✨
シャーリーズ・セロンとペネロペ・クルスがとても美しくて何度も見てしまう。
Yoko

Yokoの感想・評価

2.9
シャーリーズ・セロン
でら美しぃ。
奔放さや貪欲に強く貫いた生き方する女性の役がまたよくハマっている。
恋や愛、生きることに全力の彼女が戦争と向き合った時、彼女に残ったものとは。。
という話。
感情移入度はそんなでもないが
なんとも切なくて悲しい気分になる鑑賞後。
ペネロペのミア役の性格の方に親近感があったのと、彼が軸に進む作りが余計に客観にさせたかな。
ペネロペ・クルスのキャラクターの意味がよくわからなかった。
割に凡庸な結末。
シャーリーズ・セロンがかわいい
nao22

nao22の感想・評価

3.8
いつ見たかのかは覚えてません。

切なくて美しい、愛の物語でした。
気弱なミアと強いギルダ。
美しい2人に翻弄されるガイ。

ギルダは奔放で強く美しいけれど、孤独で脆いところがある。
ミアは優しく気弱に見えるけど、ブレない、芯の強さがある。

その2人の友情とも片付けられない深い愛。
ガイの複雑な立ち位置。

まさに大人が見て、ゾクッとして切なくなる、美しい愛の物語だと思います。

まあなんせ、シャーリーズ・セロンとペネロペ・クルスの美しいこと!
J

Jの感想・評価

3.1
おもしろくはないが、シャーリーズセロンが美しすぎて全然みれてしまう。
まじで人形。
内容はthe恋愛すぎて、男が見ておもしろいような映画ではないかな。。