素晴らしき哉映画

スプラッシュの素晴らしき哉映画のレビュー・感想・評価

スプラッシュ(1984年製作の映画)
3.5
20年前、コッド岬
少年だったアランは人魚の姿をした少女と出会います

ニューヨーク市のある朝
人魚の姿をした彼女に、警察署でまた出会います。それからのアランのウキウキ感が楽しく見えつつ、笑えるところもあります。
子供の頃みた映画で、当時は彼女の正体を知っても気にならず、当たり前のように二人の生活を楽しんで観てました。


ただトム・ハンクスとダリル・ハンナの二人とは知らず、ちょっと意外!!最近知りました。
トムは『ビッグ』とは役が違いつつも違和感ないんですが、ダリルとは。
ジョン・キャンディも改めて知らない間に見ていたんだという嬉しさがあります。
この作品は懐かしさが一番で、その次にアランと同じように楽しんでた良い思い出がありました。

最後に映画によっては、食事の時ってちょっとした面白味があるなと。
___________________________

ダリル・ハンナ♦マディソン(Madison)
トム・ハンクス♠アラン
ジョン・キャンディ♠フレディー(アランの兄)
ユージン・レヴィ♠ウォルター・コーンブルース
___________________________

✔20分あたり『キャスト・アウェイ』再現
✔夜、都会を歩く時、映画館のようだけど、ぼやけて『フラッシュ・ダンス』が見える
✔食事シーン

2回目