モダン・タイムスの作品情報・感想・評価

「モダン・タイムス」に投稿された感想・評価

前回から大分間が経ってしまってすいません。久々の名作50音シリーズです(^.^)

本作はチャップリン映画の中で1番好きな作品です。これ程笑わせられ、泣かせられ、感動させられる作品は他に無いんじゃないかと思う位。

普通の喜劇としても面白いですけど、当時の社会風刺に対するブラックユーモアも効いていて更に面白い。冒頭の羊からチャップリンが機械に吸い込まれていく描写なんかはまさにそれ。資本主義社会や機械文明を痛烈に批判すると大抵は労働者の苦悩を描いた重厚なドラマになると思いますが、チャップリンの手に掛かればそれすらもコメディに変えてしまいます。労働者の個人の尊厳が失われ、人間こそ機械の一部になりつつある世の中を笑いで表現するというスタイルはチャップリン以外には到底できないと思いますし、これからの映画界でもそのような逸材は二度と出てくることは無いと思います。

冒頭に物語についての提示こそが1番の主軸で、資本主義社会と個人の幸福との対立関係が存在していたり、劇中のキャラには名前がなかったりと、当時の労働者階級の地位を痛烈に皮肉っている感じがします。更に本編を進めていくと、資本家と労働者の違いが明確で、労働者の昼食、労働、休憩の全てが監視の下に置かれているという状態。更に更に面白いことに、声が与えられている人々にも格差が表されています…………チャップリンの遊び心?皮肉?恐るべし。

本作が1番だと思う理由は、当時の苦しい時代において、喜劇界のスターであったチャップリンが一般人の幸福を描いたことにあると思います。実際に彼自身も一人の労働者として辛い生活をしていた時期があり、そのときの苦労や怒りを喜劇として代弁したような作品だとも云えます。マルクスやエンゲルスのように、チャップリンも一人の市民として、映画監督として、当時の社会と闘っていたのだと思います。本来の労働者の幸福の在り方に対する答えが本作にあると思います。

約90分なのに彼の込めたメッセージは膨大な作品。ワンシーン、ワンカットに全てが詰まっている彼の集大成と云えると思います。過労死や長時間労働等、労働者への考え方が再び揺らぎ始めている今だからこそ、全国民が観るべき名作であると断言します。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

5.0
音楽家としても天才だと思う。
たくさんの人が勝手に歌詞をつけてカバーしてるけど、メロディだけの方が心に響く。
「smile」その言葉だけでいい。
学校の授業でみました
初めて通しで観たら知ってる曲が沢山あった。smileとか真央ちゃんがエキシビで滑ってたやつ!

あの動きと表情と音楽をつくったチャップリンは奇才だと思った。当時の社会を風刺してるシーンもあり、まさに社会学だった。
Naluna

Nalunaの感想・評価

4.0
映像だけで楽しめる
hasy

hasyの感想・評価

4.5
生きるのは難しいです/生きなくたっていいじゃない 暮らしましょうよーーー『anone』5話に見るこの、生きることについての新しい形を『モダン・タイムス』はこの時代に、既に体現している…。しかも、その先にある幸せの在り方までをも写し取ってさえも…。産業革命以降の資本主義社会に搾取された-システムにおいてという意味では見事に『anone』とシンクロしてさえもいる-人間の尊厳。その地位を奪還することというのは、全くもって時代に回収されない強度な主題だと思う。人生をつぶらな瞳で肯定する素晴らしい傑作。
Maotanu

Maotanuの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

雑誌で特集されてたのをチラッと読んでから気になってたチャップリン。
いちいち面白いのに、それだけじゃない時々チクッと刺さる切なくて優しい人間らしい心の表現。音楽の使い方から何から何まで演出に隙がないし、難しいこと抜きにして好きだなと思った
コメディが面白いのもさることながら、後半2人がボロボロのお家で仲良く朝食を食べるシーンは素敵だし、希望を感じる最後の終わり方も好き
チャップリンとポーレット・ゴダードが真っ直ぐに伸びた道をふたり手を取って歩いていく姿がいい。機械工場の巨大な美術装置には圧倒された。
初チャップリン映画。
あの有名な曲は、この映画の曲だったのね。
りな

りなの感想・評価

5.0
『 運は開ける!』

チャップリン最高でした。
>|