モダン・タイムスの作品情報・感想・評価

「モダン・タイムス」に投稿された感想・評価

前回から大分間が経ってしまってすいません。久々の名作50音シリーズです(^.^)

本作はチャップリン映画の中で1番好きな作品です。これ程笑わせられ、泣かせられ、感動させられる作品は他に無いんじゃないかと思う位。

普通の喜劇としても面白いですけど、当時の社会風刺に対するブラックユーモアも効いていて更に面白い。冒頭の羊からチャップリンが機械に吸い込まれていく描写なんかはまさにそれ。資本主義社会や機械文明を痛烈に批判すると大抵は労働者の苦悩を描いた重厚なドラマになると思いますが、チャップリンの手に掛かればそれすらもコメディに変えてしまいます。労働者の個人の尊厳が失われ、人間こそ機械の一部になりつつある世の中を笑いで表現するというスタイルはチャップリン以外には到底できないと思いますし、これからの映画界でもそのような逸材は二度と出てくることは無いと思います。

冒頭に物語についての提示こそが1番の主軸で、資本主義社会と個人の幸福との対立関係が存在していたり、劇中のキャラには名前がなかったりと、当時の労働者階級の地位を痛烈に皮肉っている感じがします。更に本編を進めていくと、資本家と労働者の違いが明確で、労働者の昼食、労働、休憩の全てが監視の下に置かれているという状態。更に更に面白いことに、声が与えられている人々にも格差が表されています…………チャップリンの遊び心?皮肉?恐るべし。

本作が1番だと思う理由は、当時の苦しい時代において、喜劇界のスターであったチャップリンが一般人の幸福を描いたことにあると思います。実際に彼自身も一人の労働者として辛い生活をしていた時期があり、そのときの苦労や怒りを喜劇として代弁したような作品だとも云えます。マルクスやエンゲルスのように、チャップリンも一人の市民として、映画監督として、当時の社会と闘っていたのだと思います。本来の労働者の幸福の在り方に対する答えが本作にあると思います。

約90分なのに彼の込めたメッセージは膨大な作品。ワンシーン、ワンカットに全てが詰まっている彼の集大成と云えると思います。過労死や長時間労働等、労働者への考え方が再び揺らぎ始めている今だからこそ、全国民が観るべき名作であると断言します。
小森

小森の感想・評価

-
超笑える
yama6maya

yama6mayaの感想・評価

3.8
これはもう言わずと知れた名作。コミカルなのにアイロニーがこもってて、当時のチャップリンの凄さが今でも色あせずに伝わってくる。
チャップリンはこのモダンタイムスしか観ていないなんて、自分で自分に驚愕してしまうが、これからまたタイミングがあるに違いない。

5回は観ているモダンタイムス。映画はすべてに言えることだと思うけれど、これは観ないとわからない。観た人と語り合いたい。観た人と語り合える、それが映画。素晴らしい。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.5
「モダン・タイムス」
原題「Modern Times」
1938/2/9公開 アメリカ作品 2017-167
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング24位 再鑑賞

この作品は前作の「街の灯」に続いてのサウンド版で、一部にセリフが入る以外は音楽の伴奏と効果音のみによるサイレント映画となっています。トーキーが普及し始めた時代なので当時の評価は今ひとつだったようです。(サウンドと動きのズレもご愛嬌)
しかしながら、資本主義社会や機械文明をコミカルに風刺しているのはチャップリンならではの鋭さかと思います。そのテーマの重さの一方でそれを笑い飛ばしながら計算され尽くしたコミカルな演出で表現してるのは流石ですね。
ラストの未来に向かってのスマイルは元気をもらいますね!!

「街の灯」に次ぐチャールズ・チャップリン主演映画で、例の如く彼自ら脚本を書き監督制作したもので、作曲も彼自らしている。例によってチャーリーは物言わず、歌を歌うのみで、他の台詞も音響効果的に使われる。相手役は彼の新妻ポーレット・ゴダードが勤め助演者は、チャールズ・ホールと共に助監督を勤めているヘンリー・バーグマンを始めチェスター・コンクリン、アラン・ガルシア、ハンク・マン等の面々である。
Rio

Rioの感想・評価

-
授業で少しだけみて気になっとったやつ
喜劇王と呼ばれる意味が良くわかる作品です。他の作品も面白いものがたくさんあるのですが、これは特に面白いと僕は思います。
>|