モダン・タイムスの作品情報・感想・評価

「モダン・タイムス」に投稿された感想・評価

うん、すごい
チャップリンすごい
ジョーカーと見せ方が違うだけで、出来事はジョーカーと重なるものが多い

喜劇の裏には悲劇がある

このレビューはネタバレを含みます

1936年にできた映画とは思えない。
監督・制作・脚本・作曲を全てこなしたチャップリンは、やはり天才である✨
映画を見て驚いたのは、チャップリンはイメージよりも小柄で少年みたいだった😲
この映画はサイレント映画といって、セリフがほとんどなく、役者の表情や行動、少しの説明文で楽しむものでした。
(これができた当時は、既にトーキー映画の時代だったみたいだけどね😀)
だから、現代に生きる私達には退屈だと思うかもしれないけど、それは全く違う。
この映画は役者の演技が絶妙にうまく、特にチャップリンの細かな表情や動きは何度も笑った🤣

物語の舞台は世界大恐慌以降の不景気のアメリカで、工場で駒のように働かされて病んでいく労働者、失業者や貧困の子供たちについて描かれている。
チャップリンは当時の情勢をうまく風刺しています👀

主人公は優しい人なんだけど、
あまりにも要領が悪すぎてクビになりすぎてかわいそうになってくる😢笑
工場で歯車の間と間に流されるシーンは最高。
もうただの不審者でしかない🤣笑

その後、孤児の美少女とラブラブになるのだけど、デパートを探検するシーンやボロ家ではしゃぐシーンはわくわくした!😍
目隠ししながらスケートを滑るシーンがすごすぎる。
上司が機械に挟まってるのに、自分のランチを優先するあたりは、ゆとり人間だった笑

最後の最後で何をやってもダメな主人公に歌の才能があり、
仕事にありつけたのは感動した。
やっぱりチャップリンは歌が上手いね😍

でも、二人とも警察に追われて職を失ってしまうんだよね😢
何をやってもダメだと諦めそうになる彼女を激励する主人公は、やはり良い男。
最後に二人で手を繋ぐシーンは感動した😭✨💓
私自身も励まされた映画だったなあ。
NICE

NICEの感想・評価

4.0
労働者の悲しい現実を明るく描いた、ダークコメディ映画⚙🔧

笑えるし面白いけど、恐ろしい…
前半でのチャップリンが働き過ぎて発狂するくだりは、恐怖でしかない😰

悲しみと喜びが混ざり合い、なんとも言えない後味を残す。

現代に観ても独創的な映画ありながら、現代でも共感できる要素が多い。
これぞ不朽の名作‼️
トーキー映画誕生から約10年経ち、サイレント映画として制作すると発表したときは時代遅れと見る向きもあったよう。
ただ本作は完全なサイレントではなく、冒頭の監視カメラの社長や、自動食事機のレコードにセリフが見られます。寧ろ権力者のみ言葉を持っていて、労働者は持たないというのが示唆的に感じられます。
また、声といえば終盤のカフェシーンでチャーリーが聴かせるデタラメな「ティテイナ」はまさに必見の名シーンではないでしょうか。
更に、劇中音楽を全てチャップリンが作曲していて、妥協することなく挑戦した結果が名曲『スマイル』に繋がったのだとか。
「工場」「監獄」「デパート」「カフェ」と名場面のオンパレードの本作ですが、ラストの個人の自由を求めて手を取り合って歩くシーンは特に印象的でした。
公開当時は賛否両論あった本作は紛れもなく「現代」にも通じるテーマを持った名作だと思います。
r83movie

r83movieの感想・評価

4.1
チャップリンの身体能力すごい。
資本主義批判を上手く表現し、愛のために働く本当の姿を提示していた。
最後のシーンは力強い。
あぺ

あぺの感想・評価

4.0
鑑賞中に本作の影響を受けたであろう後世の映画が蘇り見る順番間違えたよなあと痛感。

ジャックタチ作品がどうだとか言う前にまずは本作だったな
ゆうか

ゆうかの感想・評価

4.5
かわいいし素敵。
記録
Akiya

Akiyaの感想・評価

3.8
何回見ても面白い。
名作って言われてる映画もここから相当オマージュしてる。最近だとjokerとか。
チャップリンの映画は総じて、BGMがめちゃくちゃいいから飽きずに最後まで見れる。
>|