A

ミルクのAのレビュー・感想・評価

ミルク(2008年製作の映画)
3.7
この映画一本に
ハーヴェイ・ミルクが起こした事の偉大さと葛藤と勇気が詰まってる作品。

現代では認められつつあるLGBTなどに対する理解が薄かった60年代。
口にすれば反感や差別の的になる
そんな時代を変えようと正々堂々真っ直ぐ戦い続ける姿は、誰よりも偉大でした。

この映画を観るまでミルク氏を知らなかったけど、鑑賞後には
「あぁこの人がいなかったら現代はどうなってたんだろう」と少し不安になるくらい現代のLGBTなどの在り方、捉え方を、動かした第一人者だと感じさせられました。

認め合う事の大切さを教えてくれる映画だなと思いました。

やっぱりショーン・ペンは演技も上手くて存在感ありありですね😎魅せられます。

実際にいた方の生涯をストーリーにした映画なので
勇気ある映画が観たい時にオススメです😊