うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの作品情報・感想・評価

「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」に投稿された感想・評価

いつか観なきゃな。観たら好きなんだろなってずっと思ってた。
そして観たけど、やっぱり好きだ。
小学生くらいのとき、最初の5分くらいみてたかも!と記憶がフィードバック。

大好きな特撮怪獣が文化祭のコスプレでされてるのに、反応したり、2017年トレンドの並行世界味を感じたり、とにかく最高なのだ。

映画が作られたのは1984年。ちょうどうかれてたし、さらにそれが加速していくなかで、「ずっと文化祭の準備が続いててほしい」という終わりのない頂点の先に突き進んでいく雰囲気はかなりグッとくる。
(でもみんなが各々に文化祭の準備をサボってたのしむ学校の周りは戦場跡のデストピア感も醸し出していて)
ラムの夢を具現化していくキーパーソンの名前が「無邪気」ていうのもすごい。

うる星やつらを全く通ってないので、原作とは違うかもだけど、この映画は押井守の最高の二次創作なのかなと思いました。

あとこの映画ポスターが最高すぎる。好き
すっげぇ。
mizumoto

mizumotoの感想・評価

4.3
リマスター版買って10年ぶりに観た。特典の劇場パンフレットがオールドスクールオタクな文体で良い。
setay

setayの感想・評価

4.1
夢と現実とメタとループを覆うアニメという虚構。お腹いっぱい
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
うる星やつらを押井守の趣味で好き勝手にやっちゃった作品だよな

アニメSFの金字塔という事で気になってたけどまあうまく出来てるよね
ちょっと「風のクロノア」っぽいとこあるこの夢を見過ぎで現実を強く意識しちゃう作品
ドラえもん、クレヨンしんちゃん、サザエさんとかでコレやられると恐ろしいよね

あとお母さんの顔が出てこないの怖い

さくら先生声セクシー
こんなキャラ今のアニメじゃいないよな
メガネの独説がイイ
押井守だった(感想)
うる星キャラがわからないのが痛いけど、すごいSFだった
ひとつひとつのシーンが絵になる素敵さ
押井守監督のうる星やつら…。
哲学的で深いなあと思ったり、ループ世界が退廃的なのにラムちゃんは絶えず明るくて、そこがラムちゃんの魅力なんだけど、ラムちゃんの明るさがこの作品においては不気味さを彩る要素でもあったりした。
友達の家でなんとなくみはじめたら名作すぎて漏らした。よくできたSF映画。
当たり前に名作です。
(でも、うる星やつらを知らないのでキャラをいまいち理解できなかった)
押井作品なら攻殻とかご先祖様とか、なんならTNGパトレイバーシリーズの方が好きです。
>|