ローズマリーの赤ちゃんの作品情報・感想・評価・動画配信

「ローズマリーの赤ちゃん」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
新居のマンションに引越してきた主人公夫妻。夫は売れない俳優。お隣さんはちょっとお節介だけど良い人だし、新居でも幸せな生活をスタートする2人。そしてついに念願の赤ちゃんを妊娠。でも、妊娠と前後して主人公の周りでおかしなことが起こり始めます。これは気のせいなのか、赤ちゃんを狙う何者かの陰謀なのか…という話。

大好きなホラー映画です!(*^^*)
中古ショップでBlu-ray安かったんで買っちゃいました。久しぶりに見ましたけどやっぱり面白いですね〜フィルマークスでは評価割れてますけど、個人的には傑作ホラーだと思います^_^

夫やお隣さん含めてみんな妊娠を祝福してくれるんですけど、何故か感じる違和感。誰かが襲ってくるわけでもないし、幽霊が出るわけでもない。それどころか、みんなが自分のために気を使って色々と世話を焼いてくれる。夫も俳優として大きな役を任せてもらえるようになったし、生活面でも順風満帆。でも何かがおかしい。これはマタニティブルーからくる妄想なのか、それとも何者かが自分の赤ちゃんを本当に狙っているのか。

周りの誰を信用すれば良いのかもわからず、主人公が精神的にジワジワと追い詰められていくのが、トンデモなく怖い。お隣さんは主人公を行き過ぎなくらい気遣ってくれるのに、気のせいで片付けてしまえるくらい本当に少しだけ感じる妙な不気味さ。味方であるはずの人たちですら、優しいのにどこか違和感が滲み出ているように思えてくる。こういう、主人公の周りに対する不信感が高まっていく流れがハラハラして面白いです。

ラストは賛否分かれるようですが、私は大好きで、むしろ最高のオチだと思います。母の母性というか子への大きな愛情が強調されてて、病的でありながら美しさも感じる終わり方です。母親の偉大さと一種の狂気めいた感情を同時に表現する名シーンだと思います。

それと主人公のミア・ファローが綺麗過ぎますよね!シーン変わるたびに衣装が変わっててすごくおしゃれだし。こういうところも見どころですね。

あとホラータグが300いったので、ベストムービー選んでみました!もちろんホラー映画と怖い映画縛りです(笑)これ選ぶのなかなか難しいですね〜コロコロ変わるかもσ^_^;
E

Eの感想・評価

4.5
記録
Mido

Midoの感想・評価

3.3
名作だと構えて見るとそうでもない。あの当時にと前置きを入れればカルト集団のきみ悪さはすごいかもしれない。最後に悪魔の顔した赤ちゃんが大袈裟な効果音で出てくるのではと、まだかまだかと待ってしまった。
kousei

kouseiの感想・評価

3.7
赤ちゃんが悪魔崇拝者達に狙われている
これはただの妄想なのか?それとも…

昔のホラーの何とも言い難い不気味さが好きなんですよね〜。この作品は雰囲気だけでなくストーリーも気味悪くて良かった。
怖いシーンは沢山あったけど中でも怖かったのが公衆電話のシーン。公衆電話シーンを観てる時の僕は「あっ!やばい!あ〜」ってなりました笑 あのカメラワークすげえ〜な。
私の赤ちゃんは悪魔の子なのか?という疑心暗鬼に陥ってから物語が急変します。
誰も信じられないという状況の中、ローズマリーは謎を明らかにしていきますが、観てるこっちもローズマリー同様、何もわからない状態で鑑賞しているので、気持ちが理解できて物語に入り込めました。
こんな斬新な設定のホラー作品を1968年に既に作っていたというのが凄いよなぁ〜。
ホラー苦手がレビューする思い出しホラー映画祭り開催中。

Classic。ミステリーとサスペンス。そんなに怖くなくホラーっぽさは最後だけ。

妊婦は観ない方がいいかも。

『Once Upon a Time In Hollywood』観る前に観ておくといいかも。
SHU

SHUの感想・評価

3.4
なんか良く聞く作品なので。

妊娠のお祝いでワイン開けるのも時代かな。

妊婦は見ない方がいいかな。
よほどいい旦那さんがいない限り 笑
なお

なおの感想・評価

3.9
マザー!にそっくり
masa

masaの感想・評価

3.7
小説原作のオカルト映画
いわくつきのアパートへ引っ越したローズマリー夫婦
ほどなく妊娠するも
ミア・ファローの可愛さ
衣装とインテリア
悪夢の表現。そうだよね。夢の中ってあれくらいクリアに見えているよね。
ポランスキー監督作品。「反撥」も怖かったが更に怖いモダンホラーの名作。
久しぶりに再見したが、ヒロインの追い詰められていく緊迫感が絶望的😨特に悪魔と受胎の儀式をさせられてしまう現実と幻覚が入り混じるシーンは幻想的でありながらサブミリナル的な恐怖も刷り込まれて秀逸。ヒロインがヨットに漂いながら現実と幻想との印象的なショットが続く場面は、監督の感性がなければ到底映像化できないと思う🧐
悪魔の容姿が、アーサーマッケンのパンの神みたいな姿なのが不気味☠️
やがて赤ちゃんを出産したミアファローは、周囲の状況に気が付き、大型ナイフを片手に悪魔の下僕達の集う部屋に向かうが…☠️

全編を通じて60年代のファッションとミアファローのコケティッシュな魅力が堪能できる。そして当時のニューヨーク生活者たちののupperな暮らしぶりも窺える。セントラルパーク周辺のビルが低層ビルばかりなのも当時の東京がそうであったように時代を感じさせるもの🗽。
>|