ローズマリーの赤ちゃんの作品情報・感想・評価

「ローズマリーの赤ちゃん」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
新居のマンションに引越してきた主人公夫妻。夫は売れない俳優。お隣さんはちょっとお節介だけど良い人だし、新居でも幸せな生活をスタートする2人。そしてついに念願の赤ちゃんを妊娠。でも、妊娠と前後して主人公の周りでおかしなことが起こり始めます。これは気のせいなのか、赤ちゃんを狙う何者かの陰謀なのか…という話。

大好きなホラー映画です!(*^^*)
中古ショップでBlu-ray安かったんで買っちゃいました。久しぶりに見ましたけどやっぱり面白いですね〜フィルマークスでは評価割れてますけど、個人的には傑作ホラーだと思います^_^

夫やお隣さん含めてみんな妊娠を祝福してくれるんですけど、何故か感じる違和感。誰かが襲ってくるわけでもないし、幽霊が出るわけでもない。それどころか、みんなが自分のために気を使って色々と世話を焼いてくれる。夫も俳優として大きな役を任せてもらえるようになったし、生活面でも順風満帆。でも何かがおかしい。これはマタニティブルーからくる妄想なのか、それとも何者かが自分の赤ちゃんを本当に狙っているのか。

周りの誰を信用すれば良いのかもわからず、主人公が精神的にジワジワと追い詰められていくのが、トンデモなく怖い。お隣さんは主人公を行き過ぎなくらい気遣ってくれるのに、気のせいで片付けてしまえるくらい本当に少しだけ感じる妙な不気味さ。味方であるはずの人たちですら、優しいのにどこか違和感が滲み出ているように思えてくる。こういう、主人公の周りに対する不信感が高まっていく流れがハラハラして面白いです。

ラストは賛否分かれるようですが、私は大好きで、むしろ最高のオチだと思います。母の母性というか子への大きな愛情が強調されてて、病的でありながら美しさも感じる終わり方です。母親の偉大さと一種の狂気めいた感情を同時に表現する名シーンだと思います。

それと主人公のミア・ファローが綺麗過ぎますよね!シーン変わるたびに衣装が変わっててすごくおしゃれだし。こういうところも見どころですね。

あとホラータグが300いったので、ベストムービー選んでみました!もちろんホラー映画と怖い映画縛りです(笑)これ選ぶのなかなか難しいですね〜コロコロ変わるかもσ^_^;
み

みの感想・評価

4.0
すごくオシャレで、伏線たっぷりの上質な映画だった。
最近観たホラーだと、『ゲット・アウト』タイプに分類されるかもしれない。笑
現実なのか妄想なのかわからないふわふわした感じが、最高に気持ち良く不快。
カサヴェテスっていう憎過ぎる配役。
有名過ぎて何書いて良いか分かりましぇん①
くみ

くみの感想・評価

3.0
ミアファローがおしゃれすぎる

不安を駆り立てていくのがうまいけど、『反撥』の方が好きかな
n

nの感想・評価

3.6
かわいい映画とおもって見たら、怖かった。。不意打ち。
安藤

安藤の感想・評価

-
ヘレディタリーをぜひ劇場で
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.2
古典的名作には古臭さを感じるものと感じないものがあるが、これは凄く古臭く感じた。しかし、その古臭さと主演女優の可愛らしさがうまく昇華されていた。なんか嫌だなっていうイライラが積もる作風。人の家にあがるやかましい老婆、夫だけお隣さんと親しげ、どんどん家に上がってくるおばはん、仕事と新生活が両立しない、不味い飯など。感情移入しなければならないはずの主人公にまでイライラする。ホラーというより新生活に伴う不安と不快の話という印象。幻覚のシーンは不気味でどこまで現実かよくわからないが、どことなく魅力的。日本人には本当の怖さがわかりにくい作品。しかし、産んだ子供がなんであれ母は母なのかもしれない。
Hereditaryからの繋がりで見た。悪魔崇拝が主題だけど、母性や妊娠、出産に対する畏怖が根底にあると思った。それにしてもなんてオシャレなホラー映画。
yu

yuの感想・評価

3.4
record
>|