ローズマリーの赤ちゃんの作品情報・感想・評価

「ローズマリーの赤ちゃん」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.7
新居のマンションに引越してきた主人公夫妻。夫は売れない俳優。お隣さんはちょっとお節介だけど良い人だし、新居でも幸せな生活をスタートする2人。そしてついに念願の赤ちゃんを妊娠。でも、妊娠と前後して主人公の周りでおかしなことが起こり始めます。これは気のせいなのか、赤ちゃんを狙う何者かの陰謀なのか…という話。

大好きなホラー映画です!(*^^*)
中古ショップでBlu-ray安かったんで買っちゃいました。久しぶりに見ましたけどやっぱり面白いですね〜フィルマークスでは評価割れてますけど、個人的には傑作ホラーだと思います^_^

夫やお隣さん含めてみんな妊娠を祝福してくれるんですけど、何故か感じる違和感。誰かが襲ってくるわけでもないし、幽霊が出るわけでもない。それどころか、みんなが自分のために気を使って色々と世話を焼いてくれる。夫も俳優として大きな役を任せてもらえるようになったし、生活面でも順風満帆。でも何かがおかしい。これはマタニティブルーからくる妄想なのか、それとも何者かが自分の赤ちゃんを本当に狙っているのか。

周りの誰を信用すれば良いのかもわからず、主人公が精神的にジワジワと追い詰められていくのが、トンデモなく怖い。お隣さんは主人公を行き過ぎなくらい気遣ってくれるのに、気のせいで片付けてしまえるくらい本当に少しだけ感じる妙な不気味さ。味方であるはずの人たちですら、優しいのにどこか違和感が滲み出ているように思えてくる。こういう、主人公の周りに対する不信感が高まっていく流れがハラハラして面白いです。

ラストは賛否分かれるようですが、私は大好きで、むしろ最高のオチだと思います。母の母性というか子への大きな愛情が強調されてて、病的でありながら美しさも感じる終わり方です。母親の偉大さと一種の狂気めいた感情を同時に表現する名シーンだと思います。

それと主人公のミア・ファローが綺麗過ぎますよね!シーン変わるたびに衣装が変わっててすごくおしゃれだし。こういうところも見どころですね。

あとホラータグが300いったので、ベストムービー選んでみました!もちろんホラー映画と怖い映画縛りです(笑)これ選ぶのなかなか難しいですね〜コロコロ変わるかもσ^_^;
misora

misoraの感想・評価

3.6
素敵なアパートを借りて夫と共に新しい生活を始めたローズマリー。
夫婦仲はよく、隣人や友人との付き合いも順調。
そんななか、望んでいた妊娠も発覚。
幸せいっぱいのはずだが、何かがおかしい、、、

暗闇にいるわけでも、外界から孤立しているわけでもない。でも怖い。
明るい日差しのなか、人に囲まれながら、じわじわと追い詰められてゆく、サスペンスホラー。


ホラーだということでおっかなびっくりの鑑賞だったけれど、音や映像で恐怖をあおる類のものではなかったのでその点は安心して観られました。

60年代の作品なのでクラシックな雰囲気も残っていてとても良かったです。



【これが気になる】

『ヴィジョン 暗闇の来訪者』
妊婦のまわりに起きる奇妙な現象。気のせいなのか、それとも何者かの仕業なのか…。

アマゾンプライムで観られるTVシリーズ『ビッグバンセオリー』で、可愛い可愛いシェルドン役をしている俳優(ジム・パーソンズ)が出ている映画を探していてたまたま見つけた作品。
つかみがめちゃくちゃ似てるじゃないですか〜。
やっぱり悪魔モノは好きです。
赤ん坊に宿るって一番無敵な気がする。
ミア・ファローのメイクとファッションが最高に可愛かった
Kaho

Kahoの感想・評価

4.3
ポランスキーが好きと言ったら友人にお勧めされた。
まずメイクとファッション、すごく可愛かった。
こんな夫、絶対に嫌だと思うけど妊婦の孤独感ってこんな感じなんだろうか…と考えてしまった。
のだ

のだの感想・評価

4.4
古典的傑作ホラー、真の恐怖映画の名に恥じぬ

かのダコタハウス、いつか見に行きたい
高史

高史の感想・評価

3.6
名作ホラーっていうからそのつもりで見ちゃったけど、カルト系サイコサスペンスとして見た方が良かったかも。
ラストに向けてジワジワと引き込まれるし、人間不信になりそうな人物描写は良かった。最後胸くそだしもどかしかった。女優さんかわいかった
ロマン・ポランスキー監督の描く「驚愕の展開」を見せる映画だった。

冒頭の古めかしい館の俯瞰場面でのロングショットから本編へと入る本作、俯瞰着地のアパートはジョン・レノンの住んでいたダコタハウスによく似ている。

それから物語中盤で、ニューヨーク中心部のラジオ・シティ・ホールが映るが、昔から変わらない建物だなぁ、と感慨ひとしお。

さて、物語はというと、冒頭アパート入ったところの噴水が斬新で美しいなどと思いながら見ていると、いろいろな人間ドラマになっていく。

ローズマリー役のミア・ファローは裸体をさらしての熱演、夫役のジョン・カサベテスもつかみどころのない雰囲気で、本作にマッチした配役だと思う。

うるさい隣人の老人夫婦は、登場するたびに鬱陶しいが、「次々と起こる事件」や「次々とわかる事実」に追われて目が離せない作品となっている。

ドキドキしながら驚愕のラストを迎える古典的名作だと思う。
JaneDoe

JaneDoeの感想・評価

3.5
数年前に鑑賞
カサヴェテスが出ていたのか
当時は知るべくもなく
>|