ヒッチハイクの作品情報・感想・評価

「ヒッチハイク」に投稿された感想・評価

ShotaSuchi

ShotaSuchiの感想・評価

2.0
おっぱい目当てで見たのが間違いだった
yt

ytの感想・評価

4.7
妻ちゃんかわいそだね
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「ヒッチハイク」‬
‪冒頭、女に照準器を向ける男。モリコーネの音楽、銃声が一発。女の裸体…本作の何が凄いって夫の目の前でレイプされる妻の悲劇でも無くカーチェイス、暴力描写でも無くタイトルの意味を突き付けられた時に皮肉と衝撃が観る者に襲いかかるラストだ。恐怖、狂気、最悪の犯罪が此処にある…‬
70年代アメリカ映画の非嫡出子。バックミラーがダッシュボードに置かれているのは顔を写すため。これをリメイクさせるならどの監督がいいだろうかとか考えながら見ていた
なんともしれん珍品でした。冷めた夫婦の車に強盗殺人犯がヒッチハイクしてくる。当然、犯人がフランコネロかと思ったら、小説家の夫役だった!妻がO嬢の物語のコレンヌクレリー。やたらと意味なくオッパイと万個見せる。転ぶとわざとやってるのかって位パンツ丸出しだし。犯人が全然迫力無い!変態っぽいけど。もう、この三人が何考えてるか判らない!展開も全く読めない!それが緻密な脚本なんじゃなくていい加減なだけ!急に激突になるし。音楽エンニオモリコーネなのにセクシー系。ゆるい。本当にゆるい。
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.0
『ケレル』からのフランコ・ネロ繋がりで何となく観賞。

簡単なあらすじ書いとくと、仲がいいのか悪いのかわからない夫婦が、ヒッチハイカーを乗っけたら強盗で、ドタバタしちゃうお話でした。無駄にエロい奥さんと支配欲の強い旦那さんに強盗が絡んでくるんですけど、とにかく旦那さんがゲスいので強盗がそこまで異常に見えないんですよ。
でもまあ、飽きずに観れるし面白かったですけどね。最後までヒッチハイクで終わるので、タイトル合ってる!って思いました。
D

Dの感想・評価

-
コリンヌ・クレリー、フランコ・ネロ、デビット・ヘスによるエロスとバイオレンスが爆発する豪華出演者による田舎系スリラー!また、激突!レベルのハードなカーチェイスなど、見どころの多い作品だけど、クソメンだらけなので、デビット・ヘス3部作の中で鮮血の美学・真夜中の狂気に比べると、後味悪い系。
中盤までエロチックな要素が多く、それがこの映画の核的部分を上手く表現していた。
さらに殺人ヒッチハイカーを乗せる前と後での夫婦の心理的描写がとてもリアルで圧倒された。
男の底なしの欲が生み出す最悪の結末に誰もが魅力されるだろう。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.5
ニューシネマの影響が色濃いイタリア産ヒッチハイク物。

旅行中の倦怠期夫婦が強盗仕立てのヒッチハイカーを乗せたことから地獄の旅行が始まる、よくあると言えばよくある展開であまり成功のないヒッチハイク物。
だが今作はキャラクターの個性とストーリー展開でかなり面白い仕上がりに。
こーいうのを見たかったぜーい!

フランコネロの眼力と容姿端麗なコリンヌクレリーのセクシーショット(とにかくエロい)を数多く見てるだけでも楽しめる。
合わせてアダム役のデヴィッドヘスの高笑いが妙に耳に残る笑い声で最高!

金酒女に狂う男の哀れさがなんとも虚しい、ラス落ちまでしっかり楽しめるなんともニューシネマーな作品。



安い激突の使い方も個人的には好き。
てか作品自体かなり人を選ぶ仕上がりかな。笑
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2018.5.19 GYAO!

立場逆転の構図を昇華させる面白みはあるが、ヒッチハイカーやその一味によるサスペンスがかなり弛緩してしまっている感は否めない。『激突!』の模倣を思わせる大型トラックによる追跡や、サイドミラーを使った演出に、スピルバーグの手さばきの見事さを改めて感じさせられる。
>|