56

醜聞(スキャンダル)の56のレビュー・感想・評価

醜聞(スキャンダル)(1950年製作の映画)
4.0
ストーリーは、マスコミ批判と、悪の道に引っ張られる小市民の葛藤。ちょっと一貫性は無いけど、いろいろと面白かった。

三船敏郎がめっちゃイケメン。
山口淑子が冗談みたいに綺麗。
千石規子はキャラ立ち半端ない。
桂木洋子は健気かわいい。お星さま。
志村喬のダメ親父っぷり。一応弁護士。

クリスマスに場末の飲み屋で酔っ払った左卜全の、「来年こそは、来年こそはやるぞぉ〜」からの、蛍の光大合唱、そして志村喬の「メリークリスマス!エブリボディ!」…なんだコレ最高じゃないか!
恋はオートバイに乗って!