ペイバックの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ペイバック」に投稿された感想・評価

相棒と元女房に裏切られて失った7万ドルを取り戻すために大立ち回りを演ずる男の物語。
肉を切らせて骨を砕きまくる気骨満々の主人公はえらくカッコイイんだけど……もともと中国系マフィアからくすねたモノなうえに、それは要するに一般市民がみかじめ料として巻き上げられたというお金で……元女房の裏切りを歯痒く思ってる一方で、自分はコールガールに惚れてたっていうんだから、何を持って正義とするべきなのか。イヤ、正義なんて作中の何処にも語られてはいないんだけど。
ともあれ、悪党ばっかりのはずなのに妙に爽快な鑑賞感と、女王様なルーシー・リューが拝めるという素晴らしい一作。
Kenchang

Kenchangの感想・評価

3.0
"そもそも悪党"のパーカーが友人と奥さんに騙され、強奪した7万ドルも盗られ、ボコボコの状態から不死鳥のように蘇り復讐に燃えます

---

".そもそも悪党"なんです、こいつ

そんなもんだから、まあ自業自得感もハンパなくて、そらこんな世界に住んでるんだからこんなこともあるやろという…

しかしながら、それをネタにした話でもあるんだから、楽しめればよい笑

若きルーシー・リューがほんわか可愛いのと、ノークレジットでジェームス・コバーンなんかも出ててます

ネタバレでも何でもないんですが、ラストもそもそも悪党ということを考えるとまぁいいか…みたいにあんまり腹も立ちません

楽しめればよい笑
メル・ギブソンで脱臼の治し方を学んだ。あの脱臼した箇所をガーンってするやつ
TT

TTの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

結局なんで7万ドルだけのためにあんなに追っか回して殺したのか分からずじまい(笑)
あと背中2発も撃たれてなんで生き延びたのかも不明

1つ気になったのは、ポーターが銃で撃って殺した組織のお偉いさん(名前忘れた)が撃たれた時の演技が飛び抜けて下手すぎる(笑)

ほんとにシンプルに騙されて取られたお金を組織を潰しながら取り返すってだけの映画です
個人的にはカーチェイスとかアクションがもっと欲しかったかな(笑)
miyu

miyuの感想・評価

3.5
かなり昔に家族みんなで見て、我が家ではシンプルで結構ウケた映画の記憶あり!

久々、WOWOWでやっていたので見る。

画像も渋めのトーンで、彩度をかなり落としてある。。。

あらすじは、ほぼ覚えていたし
メルが凄いタフ ガイ🎶

今見直すと、めちゃめちゃ出来過ぎ感がある。。。
でも、それなりに今も楽しめた!!!
キャストも良いし、なんで死ななかったのか説明があったら結構完璧な感じ
メル・ギブソン渋くてかっこいい!この頃のメル・ギブソンが何に対しても死ぬ気で向かってて勢いがすごい。
終始、少し暗めのトーンで復讐劇だけどなんかしっとりしてる感じ…。
犬助かって良かった(笑)
はま

はまの感想・評価

3.4
続けてメル・ギブソン主演作。こちらは1999年、少し渋さも出てきつつまだまだカッコいいと可愛いなメルギブ。

『ペイバック』のタイトル通り、復讐がテーマの作品なだけに全体を通してダークな雰囲気でしたが、じっと見つめたり影から覗く瞳の存在感が際立っててハマリ役な作品でした。

【妻と相棒に裏切られ、手に入るはずだった金を失ったポーター。瀕死から復活した彼は、心と体の傷を癒すため復讐を始める。】

めちゃくちゃ分かりやすい復讐劇。展開も難しいことなく最後まで進むので、非常に観やすい。
それに主人公ポーターが終始スマートで、観ていてカッコいいのも面白さの要因。

ストーリーを冷静に考えると道理的にはなんともアカン作品のような気もしてますが(笑)、スッキリ面白ければそれでいいのです。って感じ。

これ系の洋画は女関係が後々ウザくなってくるパターンが多いけど、今作のマリア・ベロはその点、メインストーリーに絡みつつ控えめで良きかな👍
あと彼女の飼ってる犬も🐶👍


スマートに、そして執念深く全てにケリをつけていくポーターに対して「なんでこんな"はした金"のために…」ってずーっと思ってる組織の上の人間たちが滑稽で面白かったです。

金額じゃないんだよ、取り返すという行為に意味があるのだよ。
mores

moresの感想・評価

3.7
170720
アクション

独特な色合いの映像とすかした語りが入るハードボイルドアクション

マニアックな世界観
泥臭さ
李香卵

李香卵の感想・評価

4.0
縮こまった世界観の『L・A・コンフィデンシャル』として見ればかなり満足できる良作と思う。

その徹底したチープさが幾分か功を奏して不純物のないタイトな出来栄えとなっており、メル・ギブソンのどやっとした佇まいも含めてB級感タップリ。

予めそういう要素を狙ったいたとしたら相当、確信犯的な作り手である。