ペイバックの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

「ペイバック」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

たった7万ドルを取り返す為
メチャクチャする男がいる。

それがメルッチ!だよ( ・∀・)

こういうアンチヒーローを
私は待ってたの♡
金が多い少ないの問題じゃない、
要はプライドの問題なんだよ!

だから愛犬とか愛猫とかがヤられて
復讐するのも断然ありです!
映画だからアリです!
リアルでは、してイケません!

7万ドル、日本円で換算したら幾らかな?

私、わかんない(´・ω・`)?

メルッチと意見が衝突した監督は
途中降板させられたんだよ、
私生活でもトラブルメーカーのメルッチ、
それが原因で最近は干され気味だけど、
落ち着いてほしくない、
大人になってもらいたくない、
いつまでもギラギラしてて欲しい。

落ち着いた大人のメルッチなんて

牙のないライオン。
鼻が短い象。
首が短いキリン。
翼の折れたエンジェル。
シャイで無口なアクセルフォーリー。
ウザいほど喋りまくるジョンランボー。
すぐギブアップするロッキーバルボア。
すぐ死ぬジョンマックレーン。

最後に参考になる記述をしないと
このままだと怒られそう……


車 バーーーン(((o(*゚∀゚*)o)))
iceman

icemanの感想・評価

4.0
直訳 = 返済 = 金返せ!…

ハードボイルド作品といえば独特の孤独感がある。

脚本がL.Aコンフィデンシャルとくれば面白くないはずはない。

盗られた7万ドルを返してくれ…
男の目的はただそれだけである。
それ以上にお金が欲しいわけではない。
何度も言うが盗られた7万ドルだけでいいのだ。
そのために命をかける者、それ以上望まないのがhard-boiled。

しかし、くどいがもう一度だけ彼は言う…
" 俺の欲しいものは昔の女と7万ドルだけ"

実にhard-boiled。

タバコを吹かす顔が実に憎い。

俺はハリウッドでは超嫌われ者だ!
しかしそれもハードボイルド。
そんな彼のうめき声が私には聞こえる☺️。
拷問シーンが痛いけど
ラストは「イェスッ!」てガッツポーズが出るので
良いです
夢一路

夢一路の感想・評価

3.1
序盤から中盤は悪党映画にはよくあるシーンの連続で、先が読める展開に何度も睡魔が襲ってきたが、なんのなんの、中盤以降は結構おもしろい!!目を塞ぎたくなるような暴力シーンも、痛快さすら覚えた。メルギブソンもすごいいい味出してるんだけど、あんなことされてもまだ反撃できるなんて(笑)...どんな超人でも普通はクタばるよ。度が過ぎるとマンガみたいになってしまうからちょっとマイナスポイント。
てちん

てちんの感想・評価

3.0
バイオレンスの質感とシンプルなストーリーが騒がしくなくてちょうど良い
DK

DKの感想・評価

3.6
アウトローなメル・ギブソンが観たいならこれ。
強いんだが、ボコボコに痛めつけられるのもメル・ギブソンらしい。
いちいち仕草がカッコいい。
BGMもカッコいい。
ヴァルはホテルで受話器の取り方だけがカッコよかった(笑)
色彩を抑えた映像も雰囲気が増して、この映画にピッタリ。

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー小説界の巨匠リチャード・スタークによる悪党パーカー・シリーズ第一作目にして最高傑作【悪党パーカー/人狩り】の二度目の映画化!
ブリーチ・バイパスで描かれたザラついた映像とJames Brownの【It's A Man's Man's Man's World】をはじめとするジャズ・ナンバーで、殺伐とした雰囲気で70年代アクション映画を再現した傑作です!

裏切り者への落とし前と分け前の7万ドルにこだわり、自分の主義を絶対に曲げない男ポーター!目的のためなら平然と邪魔者を消す非情なアウトローでありながら、どこかユーモラスでちょっぴりとぼけたメル・ギブソンの演技にシビれます!
優位に立った気になって調子こいた奴らを罠にかけて消して行く展開も秀逸!タバコの火をガソリンに引火させ車を爆破するシーンはたまりません!

また、組織の幹部を演じたウィリアム・ディヴェイン、ジェームズ・コバーン、クリス・クリストファーソンの渋みの効いたキャスティングも素晴らしい!

ちなみに、現金をポーターに強奪され、ルーシー・リューと一緒にポーターを襲撃するポニーテールのヒゲは、【ボーン・スプレマシー】【ボーン・アルティメイタム】の武術指導を担当したバタフライナイフの達人ジェフ・イマダです!
メル・ギブソンがこれでもかと破茶滅茶やっちゃう映画。
全体的に色調のトーンが暗いけど内容はそんなこともないからクールな感じになってて好きだ。
こういう小難しくなくてスカッとするアクション、最近ないよね。
たぶん映画としては大したことないかもしれないけど(笑)、個人的にツボだったので高得点…よいメル・ギブソンが観れます!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
メルギブソンは、マッドマックスのようなハードボイルドなタフガイが似合います。メルギブソンが演じる主人公ポーターは、欲張らない、裏切りは許さないなどのルールを自分に課しているプロのアウトロー。自分の取り分をパクった元相棒や仲間を執拗に追いつめていく非情なタフガイっぷりが、カッコ良すぎるし、金を奪い返そうとするチャイニーズマフィアやポーターの金を横取りしようとする刑事と一歩も引かない駆け引きをしてのける抜け目なさもかっこいいです。監督、脚本が「LAコンフィデンシャル」の人だけに70年代的なフィルムノワールタッチなハードボイルドアクションに仕上がっています。