ジュラシック・パークの作品情報・感想・評価・動画配信

ジュラシック・パーク1993年製作の映画)

Jurassic Park

上映日:1993年07月17日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

「ジュラシック・パーク」に投稿された感想・評価

93年公開のこのオリジナルは大好きです。ブロックバスター映画だけど、純真なものを感じます。テクノロジーも、今のリアルすぎるものより、これぐらいが良いですね。この方が想像力が働いて、より迫力を感じます。ストーリーも簡潔。キャストがみな良い。音楽は最高。今見ても面白い。
yoko

yokoの感想・評価

2.5
友達に付き合って見に行ったけど後悔
人が食べられる映画は苦手
Bariko

Barikoの感想・評価

3.0
記録🎬
吉永響

吉永響の感想・評価

4.1
言わずもがなだけど面白かった。と同時に生命を弄んじゃダメだと言うスピさんなりのメッセージが読み取れた。
tsut

tsutの感想・評価

1.2
あんま好きじゃない
神は恐竜を創り、破壊した。神は人間を創り、人間は神を破壊した。そして人間は恐竜を創った

蚊の血から全てが始まったこのストーリー

最初に発掘現場にいた子供を嫌ってた主人公が実際に恐竜と共存する中で子供が段々と好きになっていくという過程も見られる
ak

akの感想・評価

-
恐竜と出会った瞬間の、ないた
1993年公開当時の私は20歳そこそこ。

どう言うわけか、この歳になるまでこのシリーズは全然興味なく過ごしてきてしまい、とうとう私自身が中2と小4の男児2人を持つ父となるまでになってしまった2020年に漸くまともにパークへ入園してみたという、遅れ馳せながらの鑑賞。

いやぁ〜
シリーズのTV放送を妻子が食い入るように観ていても、チラ見程度で直ぐにTVから離れてしまっていた自分をラプトルに襲って頂きたいですわ。

流石!S・スピルバーグだなぁ。
老若男女ウケする演出効果や没入感が娯楽エンタメ巨匠としてやっぱり卓越してる。
実にスピルバーグ監督らしい演出が盛り沢山!
地球規模の倫理観、万物への冒涜などが随所に散りばめられ、いかにもスピルバーグといったメッセージと熱量がエンタメを通してひしひしと伝わってくる。

CGによるリアルな恐竜の映像化は、当時としては本当に画期的であり、革命児っぷりを世に知らしめたスピルバーグの真骨頂と言えるかも知れない。
作品全体がアミューズメントパークと化して我々に体感映像を提供してくれる本シリーズ、子供達も大人達も魅了され続けている所以を今頃になって実感させて頂きました。
シリーズ作品全てが気に入ってしまう。
MCUシリーズと共に要鑑賞案件!?


“オタッキー”お姉ちゃん最高ですw
(↑和訳でオタッキーって言葉を使われていた辺りが時代を感じるし、懐かしすぎてウケた。)
>|