ジュラシック・パークの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジュラシック・パーク1993年製作の映画)

JURASSIC PARK

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.8

「ジュラシック・パーク」に投稿された感想・評価

chip

chipの感想・評価

4.2
新作「ワールド炎の王国」を観たあとで、原点であるこの作品が観たくなった。
25年前の作品、でも全く古さを感じない傑作だと思います。ストーリー展開は、新作よりもずっと面白い!恐竜の迫力も大したものです。これはスクリーンで観たかったなぁ~

遺伝子学者のヘンリー・ウー、ワールド2作にも登場したけれど、ちゃんと最初のパークから出てましたね。中国系の方。

ふたりの子どもたちとパークを回って、危機を回避しているうちに、だんだんと子煩悩になっていくアラン博士とエリーの恋愛模様とか…そんなところも良かった。

大好きなスピルバーグ作品!!
risa

risaの感想・評価

3.5
ジュラシックワールドから興味を持って、最初の作品をやっと観られた。
ハラハラドキドキびっくり全部詰まってる。未知の生物への想像力が素晴らしいと思う。
個人的な意見だけど、観るなら夏が良いと思う。
takako

takakoの感想・評価

4.4
迫力満点で内容も分かりやすく面白い
古い映画と思えない
何度も観られると思う
諭様

諭様の感想・評価

3.5
この時代のCGで恐怖を感じるってのは凄い事だと思う。
「ブルー・ベルベット」のローラ・ダーンは相変わらずクセになる顔してる。
「THE FLY」のアイツも出てて嬉しかった。
malina

malinaの感想・評価

4.0

小さい頃、恐竜も血も怖くて苦手だったジュラシック・パーク。今みてもリアルで怖かったからすごい。恐竜愛やロマンがぎゅっと詰まっていて 、人間も傲慢で恐ろしいことに気付く。子供が好きになっていく主人公に顔がふにゃける👵🏻
高揚感に掻き立てられ 、ジュラシック・パークの世界に浸れる音楽が大好き〜。
シリーズ1作め。う~ん、欠点が見つからないほどに完成度が高い作品。
出だしは、学者たちと一緒に本物の恐竜を見れるワクワク感を堪能。ちょっとじらされながら、ついに「あ!ステゴサウルスだ!」「あ!トリケラトプス!」「あ、出ました!ティラノ!」なんて具合になる。😃😁

けれど、途中から恐竜に襲われる緊迫感が増していき、ついに恐怖が絶頂に。生き物を弄ぶことの愚かさを知る。

随所にハラハラをしかけてくるあたり、スピルバーグのうまさが光る。もっと満足できるのは、何気ない台詞が自然や生き物に対する正しい接し方を教えてくれる内容になっていて、素晴らしい‼️

それはそうと、昔、カプコンの『ディノ・クライシス』ってゲームにはまったが、それがまたやりたくなった。中古のプレステでも買おうかな~♪😅
ron

ronの感想・評価

4.6
すごくハラハラさせられた
ラプトルがニヤって笑った時うわあああ
ってなった😂

恐竜最高🦖🍖🦖
とし

としの感想・評価

3.6
映像技術を見せるのではなく、
子供から大人にまで夢見させるのが、
映画の仕事。

20年以上たった今尚全く色褪せることのないスピルバーグの作品からは、そんなことを思う。

超有名作ながら実は初見。パニックムービー化していく後半はある意味お決まり過ぎて、スピルバーグの芸の域というか、もはや恐竜に対して大向こうを唸らせるほどのショー的な展開なのだけど、そこに至るまでが、すごかった。

序盤、まだジュラシックパークの扉が開かれる前なのに、"あのお馴染みの音楽"がスイッチとなり、これから想像を絶する出来事が起こるであろう世界へ誘われる。恐竜シルエットのロゴが入ったJEEPが、パークの大きな大きなゲートに吸い込まれていくシーンなんかも、まさにそうだった。個人的ベストは、アラン(学者)が、トリケラトプスを目の前に「僕が子供の頃から1番好きだった恐竜だ」と感極まるシーン。成長した大人の自分と、幼き頃の自分とが同一化し、同じ脈拍で、同じ波長で呼吸を始めだす瞬間だ。

自分のカラダのどこにあるか分からないが、ココロが数センチ浮き立つような感覚。自身が気づいてなくても、誰もが内に宿す少年少女の心。

細胞レベルで喜ばせてくれて、ありがとうと言いたい。


追記:フジロックでなぜかジュラシックシリーズの話題になり、無性に観たくなり鑑賞。早くジュラシックワールド炎の王国観たくて過去作を復習週間。
フェンスから降りるシーンと調理場のシーンはいつ見てもドキドキします
さっく

さっくの感想・評価

4.0
シネマコンサート第二弾

スターウォーズ旧三部作に続き、
ジュラシックパークもシネマコンサートが行われていたので行ってきました!
今はジョン・ウィリアムズ作品を中心にシネマコンサート行われているらしく、次回はホームアローンらしいですよ。(ホームアローンもジョンウィリアムズだとは知らなかった)

ジュラシックシリーズ一作目ってもう25年も前なのか...
今見ても本当にワクワクする内容だし、大人も子供も楽しめる
タイタニックが記録を破るまで興行収入1位だったのも納得いく

純粋に楽しめる一方、
最新作でもマルコム博士が言っているように「人間はいい加減恐竜を管理などできないことを理解する」べきだと痛烈に批判している。

後々の事態への対処や責任を負うこともできないことを発展という言葉で片付けてテクノロジー、科学の進化を進めようとすることへの警鐘ともなっている今作。

結果として新作「炎の王国」ではもっと怖い展開になっているので、人間の欲というか尽きることはないなと思う