きしだギレンホール

お早ようのきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

お早よう(1959年製作の映画)
3.8
とある新興住宅地に暮らす中学生の実とその弟・勇は、どうしてもTVが欲しいと両親にねだるも、なかなか上手くいかない。彼らは「黙り続ける」ことで反抗するが…。

画面の切り取り方もさることながら、本作は配役が魅力的です。個人的には、杉村春子の演技に驚かされました。同監督の『浮草』では物腰柔らかな女性を演じていた彼女ですが、本作では嫌味なオバンを見事に演じきっています。全く正反対の役柄をこなしているので、詳しく比較して観るともっと面白いと思います。

さて、以前も『秋日和』のレビューに書いたのですが、小津安二郎の映画には毒と言うか、少し残酷な一面が見て取れる気がするのです。本作で言えば「定年」のくだり。妻からその話を切り出された笠智衆(実の父)の寂しそうな背中を、突き放すように切り取るカットがあるのです。個人的な印象ですが、そこは余韻のある寂寥感というよりも他人行儀な目線を感じて、めちゃくちゃ怖かったです。

追記
いろいろしたり顔で書いてましたが、小津の残酷な一面については今村昌平などいろんな人が言及しまくってるようで。恥ずかしい。後から知りました笑